プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2012年11月08日

こんなことも対応しました

キッチン吊戸、収納キャビネット追加リフォーム

OBのお客様より依頼が入りました。

4年前にリフォームしその際キッチン交換を行いました。

商品は、旧サンウェーブ(現在はLIXILサンウェ-ブ)のピット。

長さは2550タイプで取付しました。


4年経過したあともご覧のとおり綺麗に使用されています。

依頼内容は、

写真左側の空間には市販の可動式収納台を収め使用しておりましたが『追加で吊戸及びカウンター + キャビネットを取り付けたい』 と言う依頼でした。

さてさて、この商品はLIXILサンウェーブに変わり廃盤商品となり、現行品では「リシェル」と言う商品に移行されています。

果たして同じ色のパネル材があるのうだろうか??

人造大理石のカウンタートップは???

ライン取っ手やキャビネットの凹凸は合わせられるのだろうか??
早速メーカーに問い合わせしました。

既存同色のパネルが一部残っていたことを確認できました。

メーカー協力でお客様の要望を実現できるか、即、商談に。





ご覧のとおりお客様の要望を実現いたしました。

既存のキャビネットは引き出しタイプですが、追加で取り付けしたキャビネットは左吊元の開きタイプ + 一番下のみ既存の凹凸と合わせ引き出しタイプに。

人造大理石のトップはジョイントにコーキングが入りましたがほぼ既存に近い色柄で対応しました。

お客様からは、こんな依頼まで対応できちゃったんだね。

嬉しい。喜んでいただけました。

しかし、最初のリフォームでキッチンのサイズを打合せしましたが、その時はショールームにも数回行き、自宅での寸法を照らし合わせ既存サイズでいい。と、お客様も納得して決めたものでしたが、台所作業をこなす日々の中でやはり使い勝手を考慮し今回の依頼に至ったとのことでした。

人によってキッチンの使い方は異なります。

特にキッチンは奥様方それぞれに自分のスタイルを構成したいと言うスペースになります。

提案する私たちも様々な角度で、知識を深めその方にあったスタイルを提案できないといけないな。と、反省もさせられました。

今回のリフォームにおいては、メーカーさんの多大な協力があって成し遂げられましたことまた、色々な課題を提供してくださったお客様に心より感謝申し上げる次第です。



同じカテゴリー(リフォーム)の記事
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 12:28│Comments(0)リフォーム
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。