プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2012年11月04日

高齢者を狙う悪徳リフォーム業者

高齢者を狙う悪徳リフォーム業者

先日、ケアマネージャー様の依頼で、介護保険住宅改修工事の

打合せに伺いました。

現地調査、提案工事内容の打合せを終え、後日お見積を持参しました。

日常は高齢者夫婦2人でお住まいの為、息子様も見積打合せに同席されました。

全てを説明し、ご承諾頂きご契約ささせて頂きました。


契約後、雑談の中、驚くようなお話を伺った。

実は・・・と切り出す奥様。

今まで幾度となく訪問販売の営業マンにだまされてきたと言う。

その中でも一番驚いたのが、ユニットバス交換のリフォーム業者の話。

元々、在来浴室(床壁がタイルで浴槽を埋め込んでいる造り)であったが、

タイルの剥がれや目地の劣化が進み、浴室改修をしなければと思ってた所、

訪問販売の営業マンに、飛び込み即決で契約させられたそうだ。

大きさは1612サイズ(0.75坪)のユニットバスへの交換で、

工事金額は、なんと!300万円!!!
自己資金が足りず、信販会社のローンを組んでの契約と言う。

一般的には、その3分の1程度範囲内で十分対応できる。

そんなことが数回あって以来、契約には息子様が同席されている。と言う。

その300万で契約した悪徳リフォーム業者は、倒産している。

基本的に、訪問販売で来られた営業から契約して

メリットは!『100%有りません
その日に契約を迫られても、絶対にしてはいけません。

必ず、身内、知り合い等、相談してからにしましょう。

また、「クーリングオフ制度」を理解しましょう。




同じカテゴリー(悪徳業者)の記事
震災便乗詐欺
震災便乗詐欺(2011-03-26 13:49)

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 14:27│Comments(0)悪徳業者
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。