プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2010年09月25日

雨漏り住宅

大規模リフォームをお請けしている現場での事。

先行して既存内部の解体から始まりました。

解体前は居住中と言うこともあり、大掛かりな構造調査はできませんでした。

一部雨漏りが生じている事を確認し、経験値での対策を決め正式には解体後再調査を行う事でご理解頂いておりました。


雨漏り住宅
これは、押入れの天井を解体した後の写真です。
火打ち金物の上部は、内部も外部も塞がれていませんでした。
築35年のこの家は、引渡し直後から雨漏りが発生していたはずである。
この影響を受けて押入れのある和室の天井板はシミが出ていました。
そして、梁はカビが発生。






雨漏り住宅雨漏り住宅

最初に解っていた雨漏り部位以外にも、幾つかの箇所から雨漏りしている事が判明。

1階下屋根の瓦が内部に露出している。

家造りの工程ではありえない光景です。

推測ですが、何らかの事情で長い間大工さんが現場に入れず、屋根やさんが先行して瓦を葺いてしまった
のではないかと思われます。


雨漏り住宅
この箇所も、外部と内部に隙間が生じていました。

総2階ではないため、1階下屋根と2階壁の立ち上がり部分は、しっかりとした
防水施工が施されていません。
内部解体後に明らかとなる、新築工事時の手抜き工事。
長い間、東西南北四方から雨漏りがあったのではないかと推測されます。





既存部位を解体しない場所においては、赤外線カメラを用いて、雨漏り調査を行いました。


お客様には大変残念で気の毒な結果となりましたが、請負契約時には、雨漏り調査及びその補修が優先であり、
その内容は解体調査後、結果に基づき変更になる旨をお話し、ご理解を頂いておりました。

調査後には報告書を作成し、現地にてお客様立会いでその状況を確認しながらご説明させていただきました。

早々に改善策を立てお客様にご了解を頂き、この『手抜き工事によう雨漏り』を修繕する事から
再スタートとなりました。

それにしても、目を覆いたくなるほどの構造です。

現在は「住宅瑕疵担保履行法」により、以前より欠陥住宅は防止できるでしょう。
しかし、家づくりは機械が行うわけではありません。
人の手によって造り上げられていきます。
本当に安心できる建築会社や工務店にお願いすることが大切です。

その安心できる建設会社や工務店をどう選べばいいの?と言う相談もよく受けます。

機会があればそのことにも少々触れて見ます。

お急ぎの方は、私に直接ご相談下さい。


同じカテゴリー(欠陥住宅(手抜き工事))の記事
雨漏りの原因は
雨漏りの原因は(2010-06-20 14:45)

白蟻の恐怖 その3
白蟻の恐怖 その3(2009-05-12 19:21)

白蟻の恐怖 その2
白蟻の恐怖 その2(2008-09-27 20:25)

見えない欠陥その5
見えない欠陥その5(2007-07-23 16:11)

見えない欠陥その4
見えない欠陥その4(2007-07-23 16:03)

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 15:25│Comments(0)欠陥住宅(手抜き工事)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。