プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2008年03月10日

ワンちゃんの気持ち


病床について数年、一生懸命頑張っていた叔母が他界した。
叔母の体の上にはドライアイスがいくつか置かれている。
その傍らで、起きろ!起きろ!と言わんばかりの愛犬ラッキーが
動き回る。

普段寝るときは2階に寝ているラッキー、ところが、叔母が亡くなる
前日の晩、1階で寝ている叔母の元へ行きずっと側にいたそうだ。

ミニチュアダックスにしては珍しいぐらい吠えない子。

葬儀屋さんが棺桶をもって来られた時は、異常なぐらい身体を震わせ
ワンワン吠え、叔母から離れようとしない。

ラッキーは何もかもが分かっているような気がした。

普段、叔母とラッキーは恋人同士のようにベッタリ一緒だった。

petrefo.koinu1.JPGラッキーは、子犬のとき近くの海岸で迷っていたところを従兄弟が拾ってきた。

すぐに、飼い主を見つけるためいろいろ手をつくした。

3ヵ月経過しても飼い主は現れず、このままだと保健所でお星さまにされてしまうと言われたそうだ。

従兄弟は、すぐに引き取ることを決めた。

ラッキーが来て病床でいる母親も元気付けられた。

(写真とラッキーは関係ありません。)



ラッキーもかわいそうな子だ。

せっかく慣れ親しんだ叔母とも、たった2年でのお別れだもの。

叔母は、ラッキーの代わりにお星さまになっていったのかも。









同じカテゴリー(リフォーム)の記事
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:45│Comments(0)リフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。