プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2007年11月19日

営業日記(キーパーソンと決定権者)


奥様のご両親ということもあり、住宅改修の打ち合わせにはご本人と奥様、ケアマネージャー様、そして私が同席した。
トイレやお風呂への移動、立ち上りや座位の支持など綿密にご本人の実演を交えて検証した。中でも特に浴室内での立ち上がりや浴槽への出入りは様々な角度から検証し方向性が決まった。




世帯主であるご主人様が不在であったため後日打ち合わせ検証したことを報告説明するとともに了解を得ようと伺ったのです。




一通りの説明が終わった後間髪入れず、そんなに手摺を取り付ける必要があるの?各場所に1本付ける程度ではだめなのかと質問が返ってきた。
利用者様の障害の状況があまり理解されていない様子であった。奥様も自分の親の状況を一生懸命伝えようとしている。私も出来る範囲での説明をした。それをご両親は後ろで小さくなって聞いている。




言っていることは分かるが、施設にいるみたいでいやだ。できることならあまり付けたくないと言う。それでも最後は最小限度の取り付けで承諾してくれた。

お客様のご自宅を後にしたが、何か寂しさがこみ上げてきた。
奥様もご主人に対しては少々遠慮気味でした。
そんな姿を見ていたご両親はさぞかし心が痛み辛かったのではないだろうか。
この利用者様はきっとこの後も我慢しながら必死になって、今ある現状の中で自立を目指していくのだろう。
そして、ここが痛い辛いは封印して生活していくのかもしれない。






同じカテゴリー(介護住宅)の記事
階段昇降機取付
階段昇降機取付(2013-06-08 13:36)

認知症勉強会
認知症勉強会(2012-06-16 19:53)

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 19:25│Comments(0)介護住宅
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。