プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2007年04月11日

ゲンさん(原田太郎さん)来る

今日はOFFの予定だったが、朝から打合せが入り出社した。

打合せが丁度終わった頃、なんとこのブログで執筆中の
福祉用具研究開発の会代表、ゲンさんこと原田太郎さんが、訪ねて来て下さった。

先日、ゲンさんのところから発売されたばかりの
パラリンコップを2個買わせて頂いたのです。

たった2個しか購入していないのに、ゲンさんわざわざ
平塚まで来てくださったんです。
遠いところありがとうございました。

又、併せて弊社の仕事分野をPRできる場所までご提示頂き
本当にありがとうございます。

ゲンさんのお人柄、情に厚く義理堅いお方と察します。

ブログで分かるように、とにかく明るくパワーを感じました。
私も、毎週のように障害や病気を持つ多くの高齢者と接しますが
皆どこか元気のなさや影を感じるのです。

健常者である私にはわからない、辛さや悔しさがある為なのでしょうか。

でも、ゲンさんが持つ明るさのオーラ!さすがです。

私もナニクソ根性がパワーアップしてきそうです。

それからゲンさん、
先輩に対して失礼かもしれませんが言わせて下さい。

男前ですねー!
たまたま居た3人の女性スタッフも皆
ゲンさんかっこいい!と言っていました。

ゲンさん、私の直感です、長いお付き合いになりそうです。
人生の先輩として今後もご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

同じカテゴリー(その他、なんでもかんでも)の記事
まつだ桜まつり
まつだ桜まつり(2012-02-21 13:40)

計画停電
計画停電(2011-03-28 17:50)

洗眼液が漏れる
洗眼液が漏れる(2011-03-28 17:38)

花粉症と生ワカメ
花粉症と生ワカメ(2011-03-25 17:51)

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:45│Comments(4)その他、なんでもかんでも
この記事へのコメント

川崎様

まず、仕事で外出間違いなしと自信?をもって?お礼だけ申し上げてと、

次にメールでも出来てお暇なときにでもと心つもりでした。

なんと、あの超多忙のボスがいるじゃ〜ありませんか!

これはすごい御縁になるかもの予感。

静かな応接室でついつい嬉しくて長居してしまいました。

高齢者障害者への目線で常にほんとに接しておられる姿がより一層理解できました。

私の経験からですといざ退院を(最近は入院60〜90日の制限)余儀なく

進められて(ほんとはもう少し病院でリハビリしたい)あわてて、手すり付

けたりバリアフリの業者さんを探すといったのが実態です。

何せ家族も本人も底まで頭が廻らないのです。

そして適当な工事をされて使いにくい事の話を良く聞きます。

ゲンさんの場合でも何度もやってみてコレでよいと工事を終わったのに実を

言うとやはり使いにくいところがあるのです。

ですから川崎さんのブログを見てわかるように本工事は勿論アフターケア重

視の顧客優先の仕事師ぶりは特に脳卒中患者本人家族には嬉しい事です。

ドンドン宣伝しなければデス。自立という事から言えば快適な居住性も生き

る事は食べる事美味しく食べるためには片手で快適な歯磨きです。

総て共通しています。病院・患者・家族(高齢者も)衣食住の事業者さんと

のリンクが必要と思います。

これからもどうぞ宜しくご指導ください。

余談ですが男前に見えたのはでっかいマスクのせいではないかと。

マスクマン(爺爺)素顔を出せなくなっちゃいましたね。(爆)

皆様に宜しくです。

    ゲンさんこと原田太郎
Posted by 原田太郎 at 2007年04月12日 07:34

Posted がダブルかも

川崎様

まず、仕事で外出間違いなしと自信?をもって?お礼だけ申し上げてと、

次にメールでも出来てお暇なときにでもと心つもりでした。

なんと、あの超多忙のボスがいるじゃ〜ありませんか!

これはすごい御縁になるかもの予感。

静かな応接室でついつい嬉しくて長居してしまいました。

高齢者障害者への目線で常にほんとに接しておられる姿がより一層理解できました。

私の経験からですといざ退院を(最近は入院60〜90日の制限)余儀なく

進められて(ほんとはもう少し病院でリハビリしたい)あわてて、手すり付

けたりバリアフリの業者さんを探すといったのが実態です。

何せ家族も本人も底まで頭が廻らないのです。

そして適当な工事をされて使いにくい事の話を良く聞きます。

ゲンさんの場合でも何度もやってみてコレでよいと工事を終わったのに実を

言うとやはり使いにくいところがあるのです。

ですから川崎さんのブログを見てわかるように本工事は勿論アフターケア重

視の顧客優先の仕事師ぶりは特に脳卒中患者本人家族には嬉しい事です。

ドンドン宣伝しなければデス。自立という事から言えば快適な居住性も生き

る事は食べる事美味しく食べるためには片手で快適な歯磨きです。

総て共通しています。病院・患者・家族(高齢者も)衣食住の事業者さんと

のリンクが必要と思います。

これからもどうぞ宜しくご指導ください。

余談ですが男前に見えたのはでっかいマスクのせいではないかと。

マスクマン(爺爺)素顔を出せなくなっちゃいましたね。(爆)

皆様に宜しくです。

    ゲンさんこと原田太郎
Posted by 原田太郎 at 2007年04月12日 07:42

今月中には資料を郵送しますので宜しくお願い致します。
当日、病院内へ入ることが可能であるならば出向く事も検討したいと
思います。ただ日程により無理かもしれませんが・・・

私は、でっかいマスク取ったお顔拝見しましたからね
本当は、ブログから想像するともっといかつい恐そうな
お方かと思っておりました(笑)
Posted by 川崎 at 2007年04月12日 11:59

私も買いたいので買おうと思ってるんです。
落ち着いたら注文しまーす。
Posted by tomoko at 2007年04月21日 05:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。