プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2006年08月08日

おかみさん

駐車違反の取締りが厳しくなった6月の上旬、
たまに行くラーメン屋に入った。

店の前の歩道は幅員5メートルほどの広いスペースがある。
その為ついつい歩道に車を乗り上げ駐車してしまう。

ラーメンを半分ほど食べたところで、おかみさんが
今、店の前にパトカー来てるから車動かしたほうがいいよ。と
声を掛けてくれた。

外に出ると、まさに捕まえるぞと言わんばかりにこちらを
凝視している。

しばらくにらめっこしていたが、どうにも引いてくれそうも
ないので仕方なく車に乗り離れた公共の駐車場に移動させた。

とぼとぼ歩きながら、あ〜あラーメンは伸びきってるなと
諦めお会計だけしに店に向かった。

店に入り座っていたテーブルを見るともうラーメンは
下げられていた。

すると、おかみさんが
「悪かったわね、今新しいラーメン出すからね」って。

いいです、いいです。自分が悪いのですから。

そうこうしている間に新しいラーメンが出てきた。

ありがたく頂きお会計しながら、おかみさんとラーメンを
作ってくれた主人にお礼いい外に出た。

それから、しばらくぶりにその店に行った。

店に入り私の顔を見るなり、おかみさんがすっ飛んできた。
「この間は悪かったわねー、ちょっと離れてるけど駐車場も
数台確保したからね」って言われた。

あれから1ヶ月以上も経っていたのに、しかも勝手に
歩道に止めたのは私。
いくら歩道の幅員が広くて歩行者や自転車の邪魔にならないと
は言え、違反は違反だ。店が悪いわけじゃない。

でも、そのおかみさんの対応が実に気持ちが良い。
ラーメンも美味いし、益々気に入った。

これが商売の原点だよね、心が温まるよ。

私の中のプチいい話でした。

同じカテゴリー(その他、なんでもかんでも)の記事
まつだ桜まつり
まつだ桜まつり(2012-02-21 13:40)

計画停電
計画停電(2011-03-28 17:50)

洗眼液が漏れる
洗眼液が漏れる(2011-03-28 17:38)

花粉症と生ワカメ
花粉症と生ワカメ(2011-03-25 17:51)

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 20:23│Comments(4)その他、なんでもかんでも
この記事へのコメント

飲食店であれ、建築業であれ、(託児所であれ)、どんな業種でも、結局は‘サービス業’なんだと思います。
人間を相手にしているのですから、心を失くしてはなりません。

新たにラーメンを作るどころか駐車場まで確保した、この店主はサービス業の鑑ですね。
わたしも常にお客様のことを一番に考えなくては・・・と思いました。
素敵なお話を、ありがとうございます。
Posted by ひな at 2006年08月08日 21:49

あら、どこのラーメン屋さんでしょう?良い話は実名出しましょうよ。

それにしても、ラーメン屋さんも大変ですよね。
みんなが駐車場を確保できるとは限らないですから。
Posted by 嶋崎 at 2006年08月09日 01:43

すばらしいことやね。
商売人の鑑です。

良い悪いは別にして、6月の道路交通法の改正は、いろんな所で影響があるようですね。
Posted by さかなやおやじ at 2006年08月09日 06:02

>ひなさん
心をこめたサービスを提供する、そして相手がそれを
気持ちよく受け止められること、これが本当のCSなのでしょう。
私自身おかみさんの言動から学ぶべきことがありました。

>まるみさん
そっか、良い話は実名でもいいんだ・・・
平塚市役所の通り沿い「亀や」さんです。

>おっさん
駐禁は気使うよ。
現場も全て駐車場があるわけじゃないからね。
Posted by 川崎 at 2006年08月10日 09:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。