プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2006年04月18日

ケアマネージャー

介護保険の住宅改修を取り扱う関係で
数箇所の介護支援センターとお取引をさせていただき、
20人ほどのケアマネージャーさんと知り合うことができた。

4月介護保険制度も見直され、新たな動きでサービスも
始まったわけですが、どうしても不自然と感じることがある。

それは認知症高齢者への対応やサービスです。

知り合うことが出来た20人ほどのケアマネージャーさんの
中で特に経験豊富で知識及び行動力に優れているひとりに
認知症高齢者をかかえた友人家族の相談に乗ってもらった。

特に症状がひどかったのが、暴力と言う問題。
認知症を患う父親に介護をする家族は奥さんと娘二人。

毎晩寝ずに家の中を徘徊、そして暴力。

そこで、デイサービスとショートステイのケア計画を立てて
頂いたのです。

ところが、受け入れ先が見つからない。
どこも暴力を振るう方はお断りですというのです。
軽度の認知症でない限り受けいれられませんとも。

おかしくないですか?

相談に乗ってもらったケアマネジャーはこの現実に
必死になって受け入れ先の説得に廻ってくれたのです。
その結果やっと3件の受け入れ先が決まったのです。

サービスが始まってから、たびたび問題が起き
その度に受入中止の話が持ち上がる。
それでも、何度も何度も足を運び親身になって動いてくれた
ケアマネージャーさんのおかげで現状のサービスが受けられ
ている。

この仕事振りは、本当に感動しました。
もはやケアマネージャーの業務外的な仕事までしてもらえた
感じです。

当然ご家族も感謝しているし、一番喜んでいるのは
もう、暴力も衰え車椅子の生活になってしまった本人かも
しれない。

私は、このケアマネージャーさんの仕事に対する姿勢に
感動を覚え、また友人家族に適切な方を紹介でき本当に
感謝で一杯です。

人に感動を与える素晴らしいケアマネージャーです。

同じカテゴリー(最近、刺激を受けた話)の記事
成長
成長(2009-01-27 19:56)

中古ビジネス
中古ビジネス(2007-10-29 19:15)

熊手の買い方
熊手の買い方(2006-02-08 11:56)

フジゼロックスのCM
フジゼロックスのCM(2006-01-24 19:29)

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:45│Comments(0)最近、刺激を受けた話
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。