プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2006年01月30日

競合負け

今日は、ハッピーな記事を投稿する予定だった。

恥をしのんで失敗談を記載する。

昨年末、このブログがきっかけで新築の問い合わせが来た
のです。

最初から、競合有りと言われておりました。

現調、プラン、見積り、現場案内と順調に進み
最終のプレゼンテーションが済、本日結論を頂いた。

結果は敗北。

お客様もギリギリまで悩んで頂いたそうですが、
例え紙一重であったにしても負けは負けです。

住宅営業を経験した人なら分かる、この競合負けの心境。

まるで、ねるとん(古くて知らない人がいるかも・・)
で告白した瞬間、「ごめんなさい」とフラレタ心境です。

住宅営業は実に恋愛のプロセスに似ている。

相思相愛じゃなきゃだめなんです。

自分を好きになってもらうために、相手の心に響くそして
納得するプレゼンテーションが必要なのです。

過去には何度となく競合負けの体験をし、
ここしばらく、そんな心境も忘れるくらい負け体験が無かった。

久しぶりに味わった負けの心境。

改めて、初心に戻り敗因の改善を行う必要がある。

敗因はわかった。改善を講じ今後の糧にしよう。

最後に、力不足でお役に立てなかったことを反省し、
このお客様の夢である素晴らしい住宅が建築されますよう
お祈りしたいと思います。

この記事を書き終えたと同時に、私は次の恋愛を成就させるため
心のスイッチを切り替えようと思う。

同じカテゴリー(失敗したこと)の記事
採用
採用(2007-08-19 11:04)

事業改革の時期
事業改革の時期(2007-02-24 14:30)

疲労のピーク
疲労のピーク(2006-08-03 18:38)

自分の手に穴
自分の手に穴(2006-07-28 21:04)

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 12:27│Comments(2)失敗したこと
この記事へのコメント

コンペの負けは本当に悔しいです。で、もっと悔しいのが、そのネタをパクオアられること、、それって犯罪でしょう!!と抗議したくなりますが、デザインや雑誌の企画の場合、企画書レベルでは知的財産を主張できないのが悲しいところです。

マイティブックが本社ビルを建設する際には、川崎さんにお願いしますから、よろしくお願いいたします。
Posted by マツイ at 2006年01月31日 14:55

マツイさんありがとうございます。
勝つも負けるもそれなりに原因があります。
今回の負けもきっと原因があります、ここに目をそむけては
また同じことの繰り返しになるので、この失敗を次の成功に
役立てます。

>マイティブックが本社ビルを建設する際には、川崎さんにお願いしますから、よろしくお願いいたします。

世辞でもこう言う一言で元気になれます。ありがとう。
早く儲かって本社ビル建ててね(笑)
Posted by 川崎 at 2006年02月02日 12:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。