プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2005年09月10日

第一印象

15193.jpg営業は第一印象でほぼ決まるとよく言われますが、第一印象を良くするにはどうしたらいいのだろうか。

第一印象とはあくまでも相手側が受け取る感情であって、自分自身では判断しずらい。

ですから、『身だしなみ』でも書いたとおり、清潔感は重要になります。

しかし、これだけでは第一印象をよくすることは出来ません。

あたりまえのことですが、顔の表情(笑顔)、声の大きさ、挨拶の仕方、名刺の出し方等々マナー的なことは良く耳にすると思います。

私が注意していたことは(飛込み初回訪問)、玄関を開けて頂いたら、玄関の中に入るがまずドアをオープンにしてしまう、そして、ある程度元気な声で(不快にならない程度の大きさ)会話を始める。

これは、相手に不安や恐怖感与えないコツである。

ドアがオープンで、私の声も大きく元気であれば隣近所が気付きやすい。

そう相手は、知らない人が突然訪問してきた状況で、我家であっても玄関という狭い場所で、ヒソヒソ話されたら恐怖感が沸いてくるものなのです。

会話中相手の体制が立位や座位に変われば、私も連動させる。ようするに、常に自分の視線を相手より低くすることによって、相手に安心感を与えるのである。

おっと!ここで立位から玄関へ座って話すタイミングでは、必ず足元のご家族の靴等を整えてあげることです。
(この時、小さなお子様のクツなどあればちょっと雑談してみましょう、話が和みます)

何事も細心の気配りが必要なんです。

これで第一印象はもう×はつきません。

(本当に×でなかったかは相手にしかわかりません。私は飛込みから成約したお客様に必ず第一印象のことを尋ねました。悪い点がわかれば修正できますからね。)

では、確実に○にするためには、そう話法のテクニックが必要ですね。

次回は初回訪問の話法について・・・つづく・・・


同じカテゴリー(私流ビジネス成功の秘訣)の記事
信頼関係
信頼関係(2009-09-08 15:36)

OB客との関係
OB客との関係(2008-09-08 18:32)

仕事を任せる
仕事を任せる(2008-03-01 17:54)

遅れて届いた便り
遅れて届いた便り(2008-02-08 16:31)

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:03│Comments(0)私流ビジネス成功の秘訣
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。