プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2012年11月08日

こんなことも対応しました

キッチン吊戸、収納キャビネット追加リフォーム

OBのお客様より依頼が入りました。

4年前にリフォームしその際キッチン交換を行いました。

商品は、旧サンウェーブ(現在はLIXILサンウェ-ブ)のピット。

長さは2550タイプで取付しました。


4年経過したあともご覧のとおり綺麗に使用されています。

依頼内容は、

写真左側の空間には市販の可動式収納台を収め使用しておりましたが『追加で吊戸及びカウンター + キャビネットを取り付けたい』 と言う依頼でした。

さてさて、この商品はLIXILサンウェーブに変わり廃盤商品となり、現行品では「リシェル」と言う商品に移行されています。

果たして同じ色のパネル材があるのうだろうか??

人造大理石のカウンタートップは???

ライン取っ手やキャビネットの凹凸は合わせられるのだろうか??  続きを読む

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 12:28Comments(0)リフォーム

2012年11月05日

IHクッキングヒーター取替

日曜日の夜そろそろ帰宅しようとしていたところ、OBのお客様から電話がありました。

ブレーカーが落ちて停電してしまった。

ブレーカーをいくら上げても上がらない。どうしたら・・・

HELPの状況を察知、すぐにお客様の自宅へ向かいました。

お客様の自宅に着くと真っ暗の中、懐中電灯を点けながら

右往左往しておりました。

早速、分電盤のチェック!

すると、大きなブレーカーの横にある漏電ブレーカーが落ちていました。

まずは、専用回路(エアコンや電子レンジ、IH等)のブレーカーを全て落とし

専用回路で繋がった電化製品を一つ一つ検証。

犯人が見つかりました!


そうです。犯人はこのIHクッキングヒーターでした。

購入されて10年ほど使用しているとのことでしたが。

10年以内にも故障してメンテナンスを頼んでいたそうです。

お客様も、ハズレの電化製品だったと諦め、メンテナンス修理ではなく

新品の入替を希望されました。

この日は、IHに接続されたブレーカーを遮断し、元の大きなブレーカーと

漏電ブレーカーを復旧させました。

部屋の灯りは、何事も無く点灯しました。

後日入れ替えたのが、このIHクッキングヒーターです。


  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 18:34Comments(0)リフォーム

2012年11月04日

高齢者を狙う悪徳リフォーム業者

高齢者を狙う悪徳リフォーム業者

先日、ケアマネージャー様の依頼で、介護保険住宅改修工事の

打合せに伺いました。

現地調査、提案工事内容の打合せを終え、後日お見積を持参しました。

日常は高齢者夫婦2人でお住まいの為、息子様も見積打合せに同席されました。

全てを説明し、ご承諾頂きご契約ささせて頂きました。


契約後、雑談の中、驚くようなお話を伺った。

実は・・・と切り出す奥様。

今まで幾度となく訪問販売の営業マンにだまされてきたと言う。

その中でも一番驚いたのが、ユニットバス交換のリフォーム業者の話。

元々、在来浴室(床壁がタイルで浴槽を埋め込んでいる造り)であったが、

タイルの剥がれや目地の劣化が進み、浴室改修をしなければと思ってた所、

訪問販売の営業マンに、飛び込み即決で契約させられたそうだ。

大きさは1612サイズ(0.75坪)のユニットバスへの交換で、

工事金額は、なんと!300万円!!!
自己資金が足りず、信販会社のローンを組んでの契約と言う。

一般的には、その3分の1程度範囲内で十分対応できる。

そんなことが数回あって以来、契約には息子様が同席されている。と言う。

その300万で契約した悪徳リフォーム業者は、倒産している。

基本的に、訪問販売で来られた営業から契約して

メリットは!『100%有りません
その日に契約を迫られても、絶対にしてはいけません。

必ず、身内、知り合い等、相談してからにしましょう。

また、「クーリングオフ制度」を理解しましょう。


  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 14:27Comments(0)悪徳業者