プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2009年07月21日

手摺の取付と親子のツバメ

先日施工した介護リフォーム現場で撮影できた微笑ましい瞬間

新築住宅に引っ越してきた「ツバメの親子」

暑い中、汗でびしょ濡れになりながら行っていた現場でしたが、この瞬間に癒されました。

記事はこちらから  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 10:10Comments(0)介護住宅

2009年07月14日

介護保険住宅改修工事の実態

最近、弊社のホームページを見て、直接お問い合わせを頂くことが多くなった介護リフォーム

依頼を請け、現地調査及び本人とご家族からのアセスメントを行う。

弊社が伺う前に、他社様と打ち合わせを行っているようですが、どうも納得がいっていないようで、弊社に依頼が来ているようである。

なぜ最初の業者様では納得できなかったのであろうか。

紐解いていくと、提案する側の知識不足や技術不足があるように思える。

ケアマネージャー様と最初に行く業者様のほとんどが、大手の福祉用具貸与会社のようだ。福祉用具レンタルの担当者であると建築的な知識が乏しくなる。必然的にノーマルな手摺の取り付け程度の話しか出来なくなるのではないだろうか。

レンタル会社が住宅改修工事を請ける場合、多くは下請けの工務店に発注するケースがほとんどである。

ですから最初の現地調査では、建築の専門家では無い方が伺うようになってしまうのであろう。

では、なぜケアマネージャー様は大手の福祉用具貸与会社に頼るのであろうか。

それは、過去建築会社や工務店などに依頼し、ほとほと困ってしまった経緯があるからです。

介護保険の住宅改修工事の概要がわかっておらず、事前申請に必要な見積書・施工前写真・図面などルールに基づく資料を整えられない。

そして肝心な現場では、建築的目線で(手摺の取り付けなどは下地が優先で利用者様の希望箇所を無視する)使えない手摺の取り付けをしてしまうケースが目立った。

そんなことの経緯から、ケアマネージャー様は建築屋・工務店さんは懲り懲りという気持ちになってしまったのではないだろうか。


勝建ホームでは、数多くの実績と、ケアマネージャー様や利用者様・ご家族様にも厚い信頼を受け、一人一人の状態にあった、ベストな提案と施工を行っています。
そして、総合的な知識と技術の両方を兼ねそろえているので指名が増えていくのではないでしょうか。
  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 16:26Comments(0)介護住宅

2009年07月07日

平塚市の七夕祭り

今日はまさしく七夕

毎年開催される平塚市の七夕祭りは・・・・・

一昨日終わった。

今年は、7月2日(木)~7月5日(日)まで開催された。

例年、7月7日は必ずお祭り開催にからんでいたのでなにか拍子抜けした感じ。

私は、例年通り友人の店に手伝いに出かけました。

晴天とはいかなかったが、なんとか大雨には当たらず無事終了することができた。

お祭りの変化

・道路規制により露天商の数が大幅に減った

・平塚駅改修工事によりバスターミナル拡大、その影響でも露天商の数は減った

・前半2日間の来場数は激減だったのではないかと個人的に感じた(私個人の感想です)

・4~5年前に友人が初めて、店に浅漬けきゅうりを置いて販売した。即、完売だったため、その後続けて販売しているのですが毎年、きゅうりを販売する店が増えた。今年は10件以上がきゅうりを売っていた事に驚いた


感じることはたくさんあったけど、お祭りの情緒が薄らいでいくことは寂しい。

せっかくの、平塚市名物であるのだから

もっともっと、にぎやかであり続けてほしい

と、夜・・・祈ります。 七夕だから。
  
タグ :平塚市七夕

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:54Comments(0)その他、なんでもかんでも