プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2007年08月05日

事務所内で熱中症!?

昨日、常に社員が外出したあと事務所を切り盛りしている
事務員のNさんが熱中症に!

猛暑ですからね。

エアコン?

それが、ガスがなくなってきているようでまったくききません。

しかも西日がもろに入ってくる激暑事務所なんです。


窓や勝手口開けられるところは全て開放していたとのことでしたが
夕方以降、頭がボーっとしてきたらしい。

現場スタッフも、直ぐにびちょびちょになる T シャツを数枚着替え
事務所に戻るやいなやエアコン18度、風量は強に。

でも・・・・ききませーん。

社員の皆様ごめんなさい。

明日、メンテしまーす。

私も、汗だくだけど・・・・エアコン無くても・・へ・い・き

だけど、社員の健康のため、パソコンのため
エアコン環境整えます。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 12:37Comments(0)その他、なんでもかんでも

2007年08月05日

建築確認申請

予てより建替えによる新築工事の請負を締結していた
お客様の建築確認の許可がやっとおりてきた。

今年6月20日施工の改正建築基準法の影響である。

予定では6月20日までに提出したいところでしたが
諸所の理由により改正後の提出となった。

改正後4号建物でも、許可までの期間はのび
手数料などのコストも増えてきた。

注:4号建物とはわかり易く言うと木造戸建て住宅と
  判断してください。正確な法的解釈とは異なります。

改正後、即の物件であった為か非常に時間もかかり、
チェックも厳しい状況であった。

今までは訂正や差替えが認められていたけど、
今回は不備があると再申請となってしまったのである。

4号建物は7日以内におりることになっているけど
審査途中での補正や追加が出れば、その書類を提出するまでの
期間は審査に含まれないので、結局1ヶ月ほどかかってしまった。

耐震偽装などの事件による影響がこの改正なのでしょうが、
法律が厳しくなったことで消費者は安心だと単に受け止められるの
でしょうか。

果たして、厳しい法律に比例して建物の質という
本来重視しなければいけない点は向上していくのだろうか。
確認申請だけが厳しくても、消費者の信頼回復につながるのかどうかは疑問が残るところである。



お客様には、随分時間がかかり不安を与えてしまいましたが、
これでやっと解体作業に着手していけます。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 11:55Comments(0)リフォーム