プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2007年04月20日

親戚の工務店で手抜き工事

大規模の増改築工事をお請けした。

昨年から打合せを行い、既存建物の調査、プラン、見積りと
時間を掛けながら進めて来た。

40〜50年前に平屋で建築された住宅を2度3度増築し
現在は継ぎ足しの2階建てになっている。

かなり複雑な増改築を繰り返している為、主たる構造の
調査をしたのです。

・・・・目を覆いたくなる手抜きが発覚してしまった。

荷重がかかる柱は、ただのつっかい棒
金物は一切使われていない。

梁は途中で切断状態。

2階の床組みもかなりずさん。

できることなら見たくない状態であった。

この増築工事、今は現役工務店ではないそうだが親戚の
工務店でお願いした工事と言う。

過去にも同様のお客様が数件ありました。

親戚でありながら手抜きとはよく理解できない。
もちろんどんな関係だろうと同様である。

親戚と言う関係が逆に甘えやいいわいいわになるのだろうか?

この現場、部分解体をしながら構造補強を優先させる。

今ここで大きな地震がきたらひとたまりもない。
間違いなく倒れる。

お客様の生命の安全と快適な生活の為また全力投球が
始まります。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:37Comments(0)欠陥住宅(手抜き工事)

2007年04月19日

温水便座発火事故

先日報道されたTOTOの温水便座発火事故。

過去のトイレ改修工事を請負ったお客様の仕様を全てチェックした。

数が多かった為数日かかってしまいましたが、発火問題になった
品番の便座を設置してあるお客様はいなかった。

まあ、一安心です。

今年に入り、INAXのユニットバス発火事故に続いて
有名どころのTOTO製品。

そう言えば、その前にソニーもありましたね。

過酷な毎日を過ごしている我々にとっては、
溜息しか出ない惨事です。

どうにかしようよ!ニッポン!  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:46Comments(2)リフォーム

2007年04月14日

土地売買契約

OBのお客様から土地を購入して2世帯住宅を建てたいと言う方を
紹介していただいた。

何度かお会いし相互理解も結べ、ある土地物件を紹介した。

お客様も気に入り資金計画範囲内であるため、本日夕方
土地売買の約束をしていました。

昨日のこと、念の為専任業者から重要事項説明書を送って
もらい、物件詳細をチェック。

事前に現地確認、法務局で公図、測量図、謄本を取り物件に
ついては調査できる範囲で調査しておいたのですが、
重要事項説明書の記載で新たに何点か問題が発覚した。

敷地内に古い浄化槽を埋設したままであること。
砂防法の指定地域であること。
地目公衆用道路の所有者が不明確であること。

細かなことはあと幾つかあったのですが、
許せないのは、何故事前にその概要を話してくれなかったのか。
という事。
専任業者は有名な大手不動産会社。

浄化槽が埋設されているだけで何が問題なのと思われるかも
しれませんが、この物件には中古の建物が建っており、
既に目視で建物が傾いているのである。当然地盤改良にお金が
かかると推測していたのです。

購入後には解体し、新築する予定でした。

そういう事を全て伝えてあるにも係わらず、契約まで
浄化槽の埋設事実を伝えない、余計に地盤強度に問題が
出てくるし費用もかかる。

砂防法の指定についてもそうだ、許可申請を必要とすため
それぞれ必要な図面を作成し許可をもらう。
計画建物に規制が出てくるかどうかは現在調査中だが
いずれにしても、費用がかさむ。ましてや計画建物の規制が
あるならば、お客様が希望されているプランが成り立たない
かもしれない。

公衆用道路についてはもってのほかだ。

という事で、昨日お客様の承諾無しで、私の判断で
契約の延期を申し出た。
こんな内容で契約なんてさせられない。

そのことをお客様にお詫びし説明しようと連絡を取りつづけ
昨晩22時も回った頃、ようやく奥様と連絡がついた。
一通り説明しお詫び申し上げた。

奥様からは、逆にそれでよかった。
川崎さんを信用してお願いしてよかった。と言ってくださった。

少しホッとしました。

ご主人様にはこれからお詫びと、事の経緯を説明してきます。

しかし、大手不動産会社ね〜、やってることは役人みたいで
まったくユーザーに対して誠意を感じられないね。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:05Comments(4)リフォーム

2007年04月11日

ゲンさん(原田太郎さん)来る

今日はOFFの予定だったが、朝から打合せが入り出社した。

打合せが丁度終わった頃、なんとこのブログで執筆中の
福祉用具研究開発の会代表、ゲンさんこと原田太郎さんが、訪ねて来て下さった。

先日、ゲンさんのところから発売されたばかりの
パラリンコップを2個買わせて頂いたのです。

たった2個しか購入していないのに、ゲンさんわざわざ
平塚まで来てくださったんです。
遠いところありがとうございました。

又、併せて弊社の仕事分野をPRできる場所までご提示頂き
本当にありがとうございます。

ゲンさんのお人柄、情に厚く義理堅いお方と察します。

ブログで分かるように、とにかく明るくパワーを感じました。
私も、毎週のように障害や病気を持つ多くの高齢者と接しますが
皆どこか元気のなさや影を感じるのです。

健常者である私にはわからない、辛さや悔しさがある為なのでしょうか。

でも、ゲンさんが持つ明るさのオーラ!さすがです。

私もナニクソ根性がパワーアップしてきそうです。

それからゲンさん、
先輩に対して失礼かもしれませんが言わせて下さい。

男前ですねー!
たまたま居た3人の女性スタッフも皆
ゲンさんかっこいい!と言っていました。

ゲンさん、私の直感です、長いお付き合いになりそうです。
人生の先輩として今後もご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:45Comments(4)その他、なんでもかんでも

2007年04月02日

新スタッフ始動

今日から、新たに2名のスタッフさんが始動いたしました。

研修からのスタートですが新しい空気が入り新鮮です。

ふんどし締め直して、私も頑張らねば!  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 17:49Comments(2)私流ビジネス成功の秘訣