プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2006年11月25日

パーフェクトゲーム

弊社が加盟している建設業組合が母体であるボウリング倶楽部の
実行役員を2年間やり、今年は役員を下ろさせて頂いた。

月に1回の開催ですが、2年前は15、6人しか集まらなかった
この倶楽部も私が実行役員となってから、常時30人前後が
集まるようになった。しかも会員数もいつのまにか36人ほどに
膨れ上がったのです。

ストレス解消、運動不足解消、仲間とのコミュニケーション、
趣味、etc,の理由で多くの人達が集まりわいわいがやがや。
そんな楽しい倶楽部ですが、ここ数ヶ月仕事が終われず
月1回の開催時にも欠席を余儀なくされていました。

今月の大会が昨日行われ、仲間から開催前に連絡をもらったが
まだ作業中で終わりそうもない状態でした。
それでもかなり熱く説得されたので出席することにしました。

ゲーム開始直前滑り込みセーフ。

あまり気乗りしないで出席したのですが、
なんと、2ゲーム目300点のパーフェクトゲームを達成!
いやー、一気に嬉しくなっちゃった!

9フレにマイク放送が入り、10フレの投球前には30人以上の
ギャラリーが言いたい放題に罵声と声援を送ってくれた。

そのまま10フレの3投、見事ストライクでパーフェクト。

あの心地よい緊張感、癖になりそう。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 22:21Comments(2)その他、なんでもかんでも

2006年11月20日

とんでもない業者続き

とんでもない業者の続き。

お客様が、公的機関の担当者及び係わった人を呼び
現場確認をして頂いたとの報告があった。
私は、大変残念であるがその日時にどうしても立ち会えなかった。

お客様の知り合いである議員さんにもきていただくように
セッティングしたそうで、公的機関の担当者も慌てて上司
同行で訪問したようだ。

しかし、その現場確認の結果を聞いて愕然としたのです。

公的機関担当者及び上司の言い分。
1、こんなクレームをつけられたのは初めてである
2、知り合いの業者が居ないから紹介してくれと言われたから
  Bさんを紹介したのです。そのBさんがA業者を紹介した。
3、手摺金物のカバーが1箇所付いていないが特段問題ない
  でしょう

さて、そのBさんという人がどういう立場の人かがわからない。
拝見した資料から、住宅改修の間取り図や仕様などを作成し
且つケアマネージャーが作成する改修が必要である理由書的な
書面も作成してあった。
Bさんの名前は記載されていたが、どういう立場なのかはお客様も
確認しなかったそうだ。
(お客様は設計士と思っていたらしいが)
未だに設計士なのか、ケアマネなのかあるいは福祉住環境コーディネーターなのか不明である。

そのBさんの言い分
1、施工は何も問題はない
2、手摺のブラケット間隔はギリギリ耐久性を確保している
3、居室用の木棒を外に付けてあることについては
  2−3年で腐るものではない
4、安ければいいという問題ではない
5、お願いした業者は地元の老舗で信頼できる業者である

と、まぁ良いように言われお客様は反論することもできなく
引き下がってしまったそうである。
何も分からない素人が、専門的に図面や仕様書で説明され
その後に紹介の工務店から見積り出されればそのまま
信用するものね、とお客様はポツリと言った。


あ〜、その時に立ち会えなかったのが本当に無念である。

更に追求しますか?今度は私と一緒に窓口に行きましょうか?
と投げかけるも・・

お客様も、障害を持つ本人が自ら相談しに行って
一度は納得してやってもらったことだから、もうこれで
スッキリさせたいとおっしゃる。

お客様がそう思っているのなら、私もこれ以上追及していく
わけにはいかないのである。
けど、絶対このことは頭から離さない。
必ずこの地域での仕事では遭遇する可能性がある。
その時はきっちり明白にしますよ。

同じようなお客様が多数居るように思える。
そして、その方たちは今でも疑う事も無く大金を出して
納得しているかもしれない。  続きを読む
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 22:08Comments(4)悪徳業者

2006年11月10日

一年ぶり

昨晩、一年ぶりに鮮魚の達人山根さんが平塚に出てきて
くれた。

私は、明日地鎮祭をひかえているお客様と着工の打合せを
行っていたので、夜9時過ぎまで彼を待たせてしまった。

打ち合わせが終わり、まだやらなければならない見積り作成も
昨晩は諦め、早々に彼が待っている居酒屋へ向かった。

それから、私の親友のラーメン屋へ。
と言ってもひたすら飲みつづける。

12時もまわった頃、次の店に移動。

はい、この店で彼はついに寝に入った。

余り上手とは言えないカラオケがガンガン聞こえている店内で
そりゃー、気持ちよさそうに高いびき。

この店を出て、我家に宿泊させた。

彼もだいぶ疲れているようであったが、久しぶりに
ビジネスのこともプライベートのことも語らいあった。

彼自身のことは書けないが、起業家として成功を掴むまでの
過程は楽な道のりではない。

私自身も同様である。

しかし、走り始めた以上中途半端に終わらせることは
出来ないのである。

友よ、いつでも平塚に飲みに来い。
いつでも泊めてやる。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 20:35Comments(4)その他、なんでもかんでも

2006年11月06日

久しぶりに

久しぶりにこのブログを開いた。

開くことすら出来ないほどハードゲイスケジュール。

それでもまだ・・・追われてる。

年内も2ヶ月切ったし、最後のパワー全開と行きますか。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 19:27Comments(4)その他、なんでもかんでも