プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2006年09月28日

新人営業マン

先日、地域紙の建築情報特集企画がありその広告掲載について
女性営業マンから案内を頂いた。

私の不在中に来社しその後電話でアポイントを申し入れてきた。

移動中の携帯電話からなのか、電波の状態が不良で雑音や
音声の途切れが生じていた。
少し不快に感じたが、一応話は聞くことにし来社打合せの
約束を交わした。

約束時間の10分前に電話があり、前の打合せが伸びて
10分ほど遅れると言ってきた。

ここでも少々不快に感じた。

待つこと約束時間を15分過ぎ来社してきた。

約束時間が過ぎたことについては軽いお詫びで済まされ、
早々に今回の目的を話し始めた。

見ればすぐ新人の営業マンかと察しがついたので、
少し自分の気持ちに我慢をして耳を傾けた。

目的の話を2〜3分したと思ったら・・・
そこから無言が続いた。

困った子だなーと思いながら広告のサンプルにずっと
目をやり、相手の出方を待った。

・・・・・限界。

君は新入社員かい? 営業マンが黙っちゃったら仕事に
ならないよ。と、一言振ってみた。

だって、ずっとサンプルの広告見てるから何か考えているのかな
と思って待ってたんです。と、逆切れ口調。

やめよう!この話は断ります。

はい、分かりました。(即答)

もう少し、大きな心で営業の基本的なイロハを教えて
あげようかと一瞬思ったが、その子の顔つきと態度そして
不快に感じてた電話、遅刻が一気に頭をすり抜け、
とても話をしてあげようとは思えなかった。

帰り際もお詫びの一言もなく立ち去った。

いくら新人でも単独で営業活動をしたらその会社の
看板を背負った代表である。

最近の営業マンに共通する淡白さ。
誠に残念である。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 11:56Comments(5)その他、なんでもかんでも