プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2006年08月06日

人材

社員募集中!です。

受け入れ側は、

「良い人材がほしい」

「良い人来ないかな」

という期待感で求人募集をする。

良い人材なんて来ない、良い人なんて来ないんです。

では良い人材って?
携わる業務内容の知識が高く、実務経験も有り、
人間性も高く評価できる即戦力
ってことになるのだろうか。

そんな受け入れ側の都合を満たした人が来るはずないのである

私は思うに、一定のレベルから『育てる』ということに尽きる。
しかしこの『育てる』という行動が物凄く難しい。
過去、何十人もの部下を育てた経験からその難しさは
よく分かっている。
ましてや育てた人間全員が成長するとも限らない。
確率は落ちるが間違いなく成長させられることも事実である。


ただ『育てる』という事は、会社は時間もお金も投資しなければ
いけないことなのです。

体力と余裕のある会社は良いけど小さな会社はここが問題。

私自身こんなことを書いていても、心中は良い人材を
求めてしまっている。
なぜなら、お金も時間もともに余裕が無い中日常業務が
多忙で『育てる』ことができないと思ってしまうからである。

これではいつまでたっても変われない。

思い切った計画と行動が必要だ。

全てを前向きにそして真剣に。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 09:51Comments(2)今、企てている次のチャレンジ

2006年08月06日

起業家仲間リンチ事件

今朝の朝刊に非常に残念な事件の記事掲載があった。

『学生起業家選手権』で優秀賞を受賞した、学生起業家が
一緒に働いていた同級生が辞めた事に立腹し暴行したというものだ

非常に残念な事件である

ドリームゲートでも多くの起業家支援を試み、実際に
起業家として第一歩を踏み出した人も多くいるだろう。

若い起業家は光って見える、良いことだと思う。
しかし、マネーゲームだけの起業家であってはならない。
そこには人間としての器や豊かな心など共に成長させなけ
ればいけないことがある。

過ちを犯せば若いから、学生だからと言って
許される問題ではない。

もう一度原点を見直す必要があるだろう。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 09:32Comments(2)あのニュースに一言