プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2006年01月28日

貧乏

先祖代々由緒正しい貧乏家で育った川崎です。

私が営業マンの世界に飛び込んだのが、約25年ほど前でした。

当時は、やれ足で稼げ、根性だ、熱意だ!と大声張り上げ
軍艦マーチが流れ、太鼓が響き、そりゃそりゃ職場とは
思えない状況も珍しく無かったですね。

そんな時代のセミナーといったら、キーワードは
絶対といっていいほど、『貧乏』だった。

そうです、金持ちの子なんて飛込み営業の世界にいませんでした。

みんなそれぞれ事情があり、ほとんどの人がお金に苦労
していましたね。
当然私も由緒正しい貧乏でしたから・・

セミナーの講師が語った、今でも記憶している貧乏物語。
内容は省きますが、潰れそうになった石鹸工場を買い取って
大金持ちになった話です。

今、この語りを情熱的に話しても誰もピントこないのでは
なかろうか。

ところが、この時代では私も含め、目頭が熱くなり、鼓動が
響き、よし!俺も成功者になってやる!と影響を受けたものです

今の時代は恵まれすぎているくらい物が豊富だし、
『貧乏』という言葉を感じさせないですね。

だからこそ、自分のモチベーションを上げる為に
より具体的な目標を持たなければいけないのである。

そして、当時は生活のために仕方なく好きでもない
その仕事をしていたが、今は好きな仕事も選べる時代だ。

だから仕事を楽しむ、やりがいも見つけられる。
お金はきっと後から山のように追っかけてくるはず。
と、勝手に思っております。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 20:47Comments(0)その他、なんでもかんでも