プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2005年12月27日

近隣着工挨拶

年明け早々に着手するお客様の近隣へご挨拶に廻った。

現場着工の際には必ず近隣への挨拶をしているのですが、
近所付き合いの薄さをつくづく感じるのである。

○○さんの住宅リフォームをするので挨拶に・・・・

えっ?○○さんって何処よ!

目の前なんですけど・・・

あっそう、前の家○○さんて言うの?

と、逆に聞かれる始末。

私は、隣のおばちゃんちでご飯をよばれたり、泊まったり
するような田舎で育ったから、余計に現代の近所付き合いの
薄さを強く感じるのある。

今日はこんなこともあった。

ピンポ〜ン、こんばんは。

どちら様?

勝建ホームと申しまして・・・・

うちはけっこです!ガチャ、ツー。。。インターホンが切れた。

ピンポ〜ン。何ですか!!あのーセールスではありません、近所の○○さんの・・・ガチャ、ツー。。。。。

ピンポ〜ン。しつこいわね!警察呼ぶわよ!ガチャ、ツー。

だめだこりゃ、まったく話を聞いてもらえない。

確かに、今年は悪質リフォームの訪問販売が世間を騒がせたし、
○○ホームと聞いただけで、訪問販売だわ、騙されないように
ビシッと断ろう、とでも思ったのでしょう。

まあ、こんなことは今始まった事ではないので、事前に
着工挨拶の案内を封筒に張り中にはタオルと会社案内を
入れてある。

便箋に事のいきさつを簡単に書き、挨拶の封筒と一緒に
ポストに入れてくるのである。

後は着工日当日に再び、ピンポ〜ン、と押せば
先日は失礼しましたと言ってくださる。

これでいいのだ。

でも、寂しくなりましたねー、近所付き合いがないって。
場所にもよるのだろうけどさ。

顔合わしても挨拶しないのだろうか?

瞬間的に頼りになるのは、遠くの親戚より近くの他人だよ。

皆でさ、隣の家に醤油借りに行こうよ!

そうしたらさ、新たに近所付き合いが繁栄するよ。

犯罪が減るよ。



手がかじかむ寒い中、ケンモホロロでインターホン切られ、
冷たくなった僕の心と体を暖める為、

『つぶだくさんコーンスープ』を自販機で買った。

あったけー!さいこう!

プルタブ開けて、ゴクッ。うまい!

ゴクゴク。

・・・・コーンが半分も残っちゃったじゃん!!
つぶだくさんじゃなくなったよ・・・
ちきしょー。

誰か、つぶだくさんコーンスープの上手な飲み方教えて。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 19:14Comments(4)私流ビジネス成功の秘訣

2005年12月24日

六星占術で契約

今日はクリスマスだっていうのにまだ仕事。。
『メリークルシミマス』だな。

今日もちょいと一息。

「六星占術」との出会いを語ろう。

最近TVにもよく出演されてます細木数子さん。

『ずばり言うわよ〜』

やめて!言わないで!(笑)

もう随分前になるが、飛び込み営業で出会ったお客様。

「新築の計画はあるがまだ先の話よ」と言う。

もちろん、私はなんとか意欲を高めてもらい、先の話を今の話
にと様々な戦略に出た。

最終的に、3年後と言われこの時期の問題をクリアーさせられない。

なぜ3年後なのだろうか?

足げに通い、相互理解も深まった頃、教えてくれた。

実は『六星占術』を夫婦共信じているので、二人が一番良い
時期に新築したいのだと。

六星占術?・・なんですかそれ?

知らないの?すごい当るのよ!

・・・・知りません。

それから私、本屋へかっとびまして、『六星占術』の本という
本片っ端から買いモーレツにお勉強!

このお勉強後、私は3年間待つことに決めた。

それから3年。このお客様は私の顧客となりました。

確か・・・17年くらい前のお話です。


営業マンへ「ずばり言うわよ〜」
・管理客の見極めは問題点を探すこと
・このお客様は『時期』が問題点でしたね
・この問題点が即解決できるものか時間を掛けなければ
 解決できないのか?そこをよく見極めることですよ

もちろん、本当の問題点なんて出会ってすぐ教えてもらえない
ですよ。相互理解と事情聴取がその前には必要です。


あっ、それから。
その時依頼、私も少々はまってます・・『六星占術』に。


新・六星占術の極意―真の幸せをつかむ 宿命を逆転させる「因果の法則」
  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 22:23Comments(6)私流ビジネス成功の秘訣

2005年12月22日

鬼門

今日もまた山積みされた仕事を片付けながら、ちょいと一息。

住宅営業かけだしの頃、プランの打合せには必ずといって
「鬼門」の話が出たような記憶がある。

最近はあまり「鬼門」の話が出ないのである。

世代が変わって、古い事にこだわらなくなったのだろうか?

最近は「鬼門」というより、「風水」や「六星占術」の
こだわりの方が多いかもしれませんね。

弊社事務所拡張のため、11月上旬に壁をぶち抜き隣接
されたスペースを中で往来ができるようにした。

今考えるとその頃からである。

何がどうなっているか分からないくらい、様々な仕事の
依頼が舞い込んでくるのである。

からかわれているのかと思うほど・・

事務所内のレイアウトも変え、私は一番末席(玄関に最も近い受付嬢状態)にデスクを配置した。

すると、事務所全体が良く見えるようになった。

今まであまり意識していなかったが、壁を抜いたその横には
トイレがある。

文字では分かりづらいが、壁を抜かなければトイレの位置が
「表鬼門」にあたっていたのだ。

壁を抜いたことで、トイレの位置はちょうど東になり、
「表鬼門」は、ずれたことになる。

うちの工事部長は、この忙しさを、壁抜いて悪い気が逃げて
福が舞い込んできてるんだって笑ってた。

だからさ、扉つけるのやめようか!だって。

そう、未だに扉もつけず、布引っ掛けてスース−させてる。

さみーっつうの!ねっ!今年は特に寒いでしょ。

事務所のことは後回し。
お客様優先だしね。

さて、この忙しさの嬉しい悲鳴の原因は方位だったのだろうか?
なぞである・・・  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:33Comments(0)私流ビジネス成功の秘訣

2005年12月15日

強運

現在仕掛中現場数件、これからまだ着工する現場が数件。

契約済のお客様数件は年明けの工事に、これも数件。

現地調査、見積り提出の依頼が数件。

こんな最中、年末恒例のカレンダー配りが待っている。
私一人で300件近く廻る。

もうかなり前から配り始めていますが、目がまわりそうです。

今日、9年前に引渡しさせて頂いたお客様のところへカレンダーを届けた。

ご主人がいらして、「おっ!久しぶり上がんなよ」の一声。

「毎年12月しか顔出さないですいません」

「何言ってんだよ、こうしてきてくれるだけでうれしいよ」

「ありがとうございます」

てなわけで、お茶をご馳走になり少々雑談を交わしました。

「どう?商売は順調にいってる?」
「しかし、才能があるんだなー、それに川崎さんは強運だよ」

こう言ってくれたのだ。

才能なんてありゃしない、事業スタートさせた以上必死ですよ。

でも、『運』は強いかも・・・と思ってしまった!

事業スタートしてからを振り返ると、本当に綱渡り経営だった。
そんな時、必ず『運』が舞い降りる。
その『運』を逃がさず、確実に手にすることでここまでこれたのかもしれない。

その『運』を呼ぶには?

常日頃、

人に感謝する。

自分を信じ、仲間を信じ、コツコツ種まきを繰り返す。

真面目に取り組む。

苦しいときも、プラス思考。

腹を切る覚悟を常に持つ。

言葉の意識はあまり持っていないが、なんとなく文字にしてみた。

私どもを支えてくれる多くの人たちに感謝です。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:42Comments(0)私流ビジネス成功の秘訣

2005年12月15日

今夜も・・

まだ、うちの工事部長殿が現場から戻りません・・

あさって引渡しの新築現場で最後の点検をしているのだ。

・・・戻ってきたら、打合せしなければならない現場が数件。

今夜も・・・また夜中になりそうだ。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:34Comments(0)その他、なんでもかんでも

2005年12月12日

年末仕事の勢い

ハードスケジュールで毎日を過ごす川崎です

年末になると現場も慌ただしくなる
凄い勢いなんです・・・

ありがたいことなのですが限界はある
会社を経営していくには難しいところ

新年明けてよいスタートが切れるようにしなければ
いけない

出来るところまで動く

がんばるしかないのだ  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:35Comments(0)その他、なんでもかんでも

2005年12月06日

村田 兆治の名言

つい最近であるが、一瞬テレビから流れてきた言葉に
足が止まった。

元ロッテの村田兆治さんが、野球殿堂入りセレモニーで
コメントを述べていたのだと思う。

『人生、先発完投だ。そう簡単に降板できない』

このセリフが耳に焼きついた。

胸が熱くなる感じだ。

150キロのストレートで、
心臓をえぐられるような熱くて強い言葉に感じた。

気に入った!

人生にリリーフはいらん。

先発完投なんじゃ。


現役時代には、何度も手術をしそのたび不死鳥のごとく
あの「まさかり投法」が復帰した。

50歳を過ぎた今でも、140キロ以上のストレートを
投げる村田兆治さんの言葉だけに重みがあった。

村田さん、私もこの言葉使わせて頂きます。
自分の人生を完投するまで・・・・  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 09:38Comments(0)最近、刺激を受けた話

2005年12月05日

自分への戒め

集中力が欠けるとミスをする。

細心の気配りができなくなる。

足元をすくわれる。

忙しいのは、ただの言い訳。

現在の自分へ、戒め。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:51Comments(0)私流ビジネス成功の秘訣

2005年12月04日

介護リフォーム打合せ

18845.jpg現在、脳梗塞と糖尿病で入院、リハビリ中のお客様のご自宅を
退院後に支障をきたさないよう改修工事の打合せを病院で行った。

出席者は主治医、看護士、ソーシャルワーカー、PT、OT、それに
御家族、ケアマネージャーと私である。

お客様の病状は安定し、リハビリは順調の様子であった。

打合せ日の前に担当のPT,OTよりお客様のADLの状況、退院後の
自宅改修案について提示を受けていた。

提示された詳細を元に現場確認。その後無い知恵をしぼり、提示された改修案がお客様の生活にとってベスト提案なのか考え抜いた。

活字と平面図だけでは想定しずらい、立体空間を考え障害が出てくることを確認した。

そこで、PT,OT、の意見を踏まえ私なりに幾つかの改修案を提示することにしたのだ。

病院での打合せ時にその案を提示し説明をし、担当のPT,OTからは
もう一度その案を含め検討してみるとのことであった。

昨日、その回答がファックスで送られてきた。

私の提示した案が望ましいとの回答であった。

さっそく、御家族とケアマネージャーに報告をし、詳細を固めていこうと思う。

一生懸命考えてよかった。

力になってあげられそうだ。


      有限会社 勝建ホーム  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 10:46Comments(2)介護住宅

2005年12月03日

部下と将棋の駒

将棋の駒はいろいろな例えで講話に用いられることがある。

駒の種類は、歩、香車、桂馬、銀、金、角、飛車、玉と
全部で8種類ある。

玉を守る為の駒は7種類、その全ての駒は動き方がみな異なる。

トップは、この7種類の駒の使い方が出来れば部下に対する
不満がなくなるのではないだろうか。

また、業務円滑そして部下の成長も期待できる。

歩タイプの社員、一見不必要とされやすい駒だが、
一歩ずつ一歩ずつ前進する、コツコツタイプ。

この動きを、飛車や角に期待したらどうなる?

先に飛びすぎて足元を見失う。

金や銀のように器用に動ける駒も、飛車、角のように飛びこむ
力はない。

また、桂馬や香車は曲者タイプと猪突猛進タイプであるが、
金や銀のような器用さはないのである。

このように部下個々の性格や仕事に対する技量をしっかり
把握できていれば上司は玉でいられる。

だから、場面場面において、動かす部下をその仕事の適任者として選択すればいいのだ。

部下自身も、歩から香車へあこがれ桂馬になり、さらに銀や金と、成長の期待が出来る。

このように私は思うのです。

ところで・・・弊社・・将棋の駒ほど社員いませんでした!
          ・・・・・・・・・トホホ。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:58Comments(4)私流ビジネス成功の秘訣

2005年12月03日

事務所改装中

只今事務所改装中。

秋頃から始めようと思っていた事務所改装だが、
先月末からようやく着手した。

12月は例年、現場は戦争状態。
事務所の壁はぶち抜いたまま・・・

そりゃ、お客様の現場優先ですから、当然事務所は後まわし。

・・・年内に終わらせることができるだろうか・・・

泥棒が入ったような状態で年越すわけにはいかず・・・

コピーロボット3台ほしいんですけど。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:46Comments(0)今、企てている次のチャレンジ