プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2005年12月22日

鬼門

今日もまた山積みされた仕事を片付けながら、ちょいと一息。

住宅営業かけだしの頃、プランの打合せには必ずといって
「鬼門」の話が出たような記憶がある。

最近はあまり「鬼門」の話が出ないのである。

世代が変わって、古い事にこだわらなくなったのだろうか?

最近は「鬼門」というより、「風水」や「六星占術」の
こだわりの方が多いかもしれませんね。

弊社事務所拡張のため、11月上旬に壁をぶち抜き隣接
されたスペースを中で往来ができるようにした。

今考えるとその頃からである。

何がどうなっているか分からないくらい、様々な仕事の
依頼が舞い込んでくるのである。

からかわれているのかと思うほど・・

事務所内のレイアウトも変え、私は一番末席(玄関に最も近い受付嬢状態)にデスクを配置した。

すると、事務所全体が良く見えるようになった。

今まであまり意識していなかったが、壁を抜いたその横には
トイレがある。

文字では分かりづらいが、壁を抜かなければトイレの位置が
「表鬼門」にあたっていたのだ。

壁を抜いたことで、トイレの位置はちょうど東になり、
「表鬼門」は、ずれたことになる。

うちの工事部長は、この忙しさを、壁抜いて悪い気が逃げて
福が舞い込んできてるんだって笑ってた。

だからさ、扉つけるのやめようか!だって。

そう、未だに扉もつけず、布引っ掛けてスース−させてる。

さみーっつうの!ねっ!今年は特に寒いでしょ。

事務所のことは後回し。
お客様優先だしね。

さて、この忙しさの嬉しい悲鳴の原因は方位だったのだろうか?
なぞである・・・  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:33Comments(0)私流ビジネス成功の秘訣