プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2013年08月01日

玄関框からの連続手摺

平塚市 F様邸 玄関框からの連続手摺取付工事

介護保険住宅改修工事適用


玄関框の手摺はL型形状にし、横手摺は土間から天端850mmに設定。(利用者様のお体に合わせ高さを決めています)

廊下の横手摺も高さは天端850mmの仕上げです。

 
玄関を上がってすぐ左側に広縁があります。
普段は利用者様の為手摺を連続させ、ご家族が広縁に出入りするときには跳ね上げ式にて使用します。


 
廊下を進むと中ほどに和室入り口があります。開口は180cmの引き違い戸。
広縁入り口の跳ね上げ式同様、普段は利用者様の為、手摺を連続させ必要に応じて脱着させることができます。



廊下奥にある利用者様の寝室まで手摺を連続させ、歩行においては転倒などの危険がないよう有効的に手摺を使って頂きます。
廊下奥には寝室及びトイレ、浴室がある為、利用者様の屋内移動においては安心して頂けます。


 
お住まいの状況によっては、土間から框までの高さは異なりますが、ほとんどの住宅で、
高齢者にとって框の昇降はご苦労されているようです。
框と土間の間にもう1段踏み台があると昇降はとても楽になります。
その際には当然掴る物、そう手摺も合わせて利用されることをお勧めいたします。

介護リフォームの現場からでした。  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 14:26Comments(0)介護住宅

2013年06月08日

階段昇降機取付

平塚市 T様邸 階段昇降機取付工事

以前にも手摺の取り付けをさせて頂いたT様。
今回は階段昇降機及び附帯する手摺の取り付けをお請けしました。


■プチメモ(住宅の間取り)

新築を建てる時、日当たりの良い2階に主たる生活空間を造る
と言う、間取りは数多くあります。
T様の住宅もリビング・ダイニング・キッチンは2階にあります。
また、寝室やトイレ、洗面なども2階にあり、生活の中心は2階になるわけです。

元気なときには2階に主たる生活プランをおく事が不便になるとはあまり考えないものです。加齢と共に住まわれる方の体調変化により快適だった間取りも時には不便になったりもします。

しかし、福祉用具や機器の充実、介護サービスの充実によってその不便さも解消されるようになったことも間違いでは有りません。

新築時の間取りづくりは様々な方面から考えてみるのもいいですね。


さて、では階段昇降機の取り付けの事例です。

  

まずは、設置前にコンセントをつくります。隣接する部屋のコンセントから切り廻しました。




コンセントは100Vの専用回路で無くても良いとのメーカー指導でした。本体はバッテリー内蔵型で充電タイプタイプになります。
その為、万一の停電時でも作動は出来ます。




まずは、レールの固定。
現地調査時に細部に渡り寸法をはかり、オーダーでのレール長さとなりますので現場では施工手順位基づいて固定をしていくようになります。
レール固定後はモーター(駆動部分)を設置し、椅子を組み立てれば完成となります。


  

階段昇降機 メーカーは中央エレベータ工業のステップリフト採用。  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:36Comments(0)介護住宅

2012年07月01日

第5回 NPO法人たくみ21福祉用具展示・発表・即売会 終了

去る、平成24年6月23日、24日の二日間で開催された

第5回目となる福祉用具展示・発表・即売会も盛況のうち終了となりました。





毎年、新しく開発された福祉用具が展示され、来場される皆様一同に

驚きと感激を提供させていただいております。

第4回展示会は、東日本大震災後の開催となり複雑な思い出実施いたしました。

展示会場には会員が提供した商品を来場様の値付けによって購入頂き、その

売上代金は全て被災地に義援金として送金させて頂きました。

1年経った第5回目も、展示会を通じて何か貢献できないだろうかと考え

被災地で製造されている商品を仕入れ来場者や会員に販売するよう試みました



多くの来場様のご協力により、ほとんどの商品が完売いたしました。

ご協力いただきました皆様には深く感謝申し上げます。

NPO法人たくみ21は福祉に貢献し更なる努力をしていきますので

今後もご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 18:49Comments(0)介護住宅

2012年06月18日

第5回たくみ21福祉用具展示発表・即売会 間もなく開催

第5回 NPO法人たくみ21 展示会の開催 間もなく!!

今年で5回目を迎えた【NPO法人 たくみ21】の展示会が

いよいよ、今週末に開催されます。

下記ご案内申し上げます。



東日本大震災で被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げます。
震災から1年と数ヶ月過ぎましたが、完全な復興とはいきません。
一日も早く復興できます事をお祈り申し上げます。

当会においては、昨年の展示会では、会員が商品を持ち出し
その売上代金を義援金として送金させて頂きました。
今年は義援金ではなく被災地の皆様が作られたものなどを購入させて頂き
会場にて販売する予定でいます。

当日は、被災地から取り寄せた幾つかの商品販売ブースを設置します。
ご来場の皆様のご協力をお願い申し上げます。

多くの方のご来場をお待ちしております。

開催日
平成24年6月23日(土曜日) 10:00~19:00
平成24年6月24日(日曜日) 10:00~17:00

場所
かながわ県民センター
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2(横浜駅西口徒歩5分)

入場無料

たくみ21ホームページはこちらから
  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 17:46Comments(0)介護住宅

2012年06月17日

若い世代の脳血管障害

10数年前に新築させていただいたお客様。

ご主人から電話があった。

実は・・・

奥様が急に倒れて現在リハビリ入院中とのこと。

脳梗塞である。

まだ44歳と若い。

本当に突然の出来事。

倒れて病院に搬送された時には、医者から助かっても

植物人間になる可能性が高いと言われたそうだ。

幸いにも、その言葉を良い意味で裏切り来月には退院できるまで

回復されている。

帰宅されるまでに、住環境整備をお手伝いする予定である。

  続きを読む

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:04Comments(0)介護住宅

2012年06月16日

認知症勉強会

勉強会参加

テーマは「認知症」について

第一部は、第一三共株式会社様よりアルツハイマー型認知症患者への薬、

「メマリー」について勉強させていただいた。

第二部は、会のメンバーでもあり在宅医療を行っているドクターの話。

認知症患者あるいは介護者(御家族)への助言も含めこの1年間の事例や

活動、また主治医としてのお話を伺った。

ためになるとてもいい話だった。  続きを読む

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 19:53Comments(0)介護住宅

2012年02月06日

デイサービス ふる里 2月1日 オープン

デイサービス ふる里 2月1日 オープン!!

社会福祉法人慶寿会様が運営する通所介護 『デイサービス ふる里』 が、平成24年2月1日にオープン致しました。

   ■ 神奈川県茅ヶ崎市松浪2-2-74

   ■ 電  話   0467-53-9922



かねてより改修工事をお請けしておりました、『デイサービス ふる里』が完成し開所の運びとなりました。
開所、おめでとうございます。

開所にあたり、地域の介護関連職の皆様、利用者様や御家族、そして近隣の皆様にもお披露目を致しました。



日当たりも良く、我が家のようなデイサービスふる里。
名のとおり、ふる里の実家にでも帰省したかのような落ち着く場所。
通所介護として、出来るだけの設備を整えました。








浴室は1.25坪の広さ。一般の大きさ畳2枚分の1坪より大きめ。
そして浴槽に入ることが困難な利用者様にはスライドチェアーを完備。
優しいスタッフの介助にて楽々お風呂に入れます。











和室もあり、新しい畳の香りを感じながら和室で語りあう。
ほっとするひと時になるでしょう。












1階の水廻りそして各部屋に続く動線は全て段差無しのバリアフリー。
お披露目当日は多くの方が来所され、日当たりの良いリビングで談笑されていました。










  
車椅子での利用も不便は無く、トイレや洗面所、浴室など移動も安心です。


また、認知症の利用者様の徘徊防止には特に気遣い、玄関の鍵対策、外構門扉の鍵対策も施しております。

  
玄関の内鍵ですが、キャップ型になっているシリンダー錠を掛け、キャップのみ抜けるようになっている鍵です。


築年数が経過した民家の改修ですからパーフェクトではありませんが、事業所やスタッフの皆さんの熱い思いがこの 『デイサービス ふる里』 には詰められています。


地域の皆様に愛される場所、
利用者様が毎日でも通いたくなる場所、
やさしさと温もりのある場所、
笑顔の絶えない場所、

それが 『デイサービス ふる里』 なのです。

  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 17:10Comments(0)介護住宅

2011年11月26日

第4回 住まいのバリアフリーリフォームコンクール 優秀賞受賞

第4回 住まいのバリアフリーリフォームコンクール 優秀賞 受賞

主催 : (社)かながわ住まい・まちづくり協会

後援 : 神奈川県、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター、(財)神奈川県建築安全協会、(社)神奈川県建築士会、
     (社)神奈川県建築士事務所協会、(社)神奈川県建設業協会、神奈川県木造住宅協会、神奈川県建設労働組合連合会、
     神奈川新聞社、(株)建通新聞社神奈川支社

今年で4回目となったコンクールですが、弊社では4年連続の賞となりました。

第3回の総合部門 「楽々動線リフォーム」に続き、第4回の部門別 「車椅子の動線 水周りと外出」で、優秀賞は2年連続となりました。

第4回住まいのバリアフリーリフォームコンクール優秀賞 第4回住まいのバリアフリーリフォームコンクール登録施工業者奨励賞


【工事データ】

・施工所在地   藤沢市内

・住宅種別     枠組壁工法(2×4工法)

・工事日数     20日間

・工事面積     28㎡ (住宅規模155㎡)

・工事費      334万円(内助成金 障害者助成金60万円 介護保険助成金20万円の内残金6万円)


【利用者様の状況】

・82歳 男性

・身体障害者1級 (肢体不自由 両下肢機能障害3級 腎臓機能障害1級)

・介護保険認定  要介護3


【主なADL】

・寝た姿勢からの起き上がり ⇒ 道具を使えば一人で出来る

・椅子などに座っていられる  ⇒ 背もたれがあれば数分間座っていられる

・椅子などから立つ       ⇒ 掴まるところがあれば立てる

・歩行する             ⇒ 歩行はできない

・車椅子使用           ⇒ 室内だけなら自力走行できる

・排泄・入浴            ⇒ 介助が必要


【改修目的】

1.週2回の透析への通院のため、車椅子で外出できるようにする。但し、機会設置はNG

2.室内車椅子移動のため、トイレでの排泄及びシャワー浴を行えるようにする。


【既存図面】

既存図面


トイレ、洗面所、浴室への動線は車椅子では通行不可。


また、外出は室内床より道路高低差が1m26cmあり、スロープでは不可。














【改修図面】

改修図面


トイレ、洗面所、浴室の3つの空間を一つと捉え、且つ、階段袖壁まで範囲を広げる。

和室入口は、玄関ホール側へ移動。

洗面脱衣所北側にあった収納を解体撤去し、外出用第二玄関を新設しウッドデッキ及びコンクリートスロープにて、介助し易い勾配12分の1を保ちながら駐車場まで出れるようにした。











【施工前の状況写真】

既存トイレ 既存洗面所 既存洗面所内収納

既存浴室 既存第二玄関位置 既存外部


【改修後の写真】

完成トイレ


便器の位置、手摺の位置等入院中の病院にて検証し、
利用者様が自立できるよう設定しました。















完成トイレ



トイレと洗面所の空間を一体とすることで車椅子での回転が可能となった。
また、洗面台は車椅子でも足が入るタイプの物を設置。
正面には既存サッシがあるため、壁面横付けにし鏡は90度回転タイプとした。













完成引戸



入口は、階段袖壁まで広げ、上吊の引き戸タイプにすることで開口幅を広げ、
和室の入口はホール側に変更した。














完成浴室



浴室も、トイレ、洗面所と一体の空間より車椅子での出入可能となる。
もちろん全てバリアフリーとし段差は解消している。














完成第二玄関



既存では洗面脱衣所北側にあった収納の位置に新設された第二玄関。















完成第二玄関



第二玄関を開けるとバリアフリーで繋がるウッドデッキのスロープが優しく迎えてくれる。















完成スロープ



スロープの有効幅は90センチ。ウッドデッキ材はセラカンバツ。















完成スロープ 完成スロープ



道路高低差が大きい為、途中からはコンクリート
スロープと繋がる。















完成スロープ


駐車場までスムースに車椅子で外出が出来る。
















完成スロープ


外構のイメージは崩さず、さりげないスロープをイメージさせる。
勾配12分の1以上を維持する為に北側から距離を取った。












【最後に】

障害の助成金を利用するにあたり、完成後の現場確認が自治体職員によって実施された。
担当の職員の方からも工事内容についてありがたいお言葉を頂き、何より利用者様本人が退院後、想定したとおり車椅子での室内「自立」、
また、排泄も「自立」。
入浴はシャワー浴を介助でと想定していたが、これが想定外に。
なんと「浴槽に入りたい」と意欲が沸いた。介護スタッフの介助のもと浴槽入浴へチャレンジ。
見事浴槽に入ることが可能になってしまった。
これにはご家族もびっくり。でもとても喜んでいただきました。

ご家族からも感謝の言葉を頂き、本人は「自立」の範囲が広がり、これこそが本来の介護リフォームのあるべき姿ではないかと
更に自覚致しました。
また、この現場を高く評価をして頂けましたことに感謝申し上げます。  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 10:42Comments(0)介護住宅

2011年08月25日

障害者住宅設備助成金の完了検査

昨日、障害者住宅設備助成金を申請していたお客様の

現場完了確認検査の立会いをしました。

現場は藤沢市内。

内部工事は、障害者の助成金を利用

外部工事は、介護保険サービスを利用


完了検査は何も問題無く無事終了。
助成金の支給申請手続きも速やかに行っていただきました。

今回の障害者住宅設備助成金の手続きにあたり、
藤沢市障害福祉課のご担当者の迅速で且つ良心的な対応に感謝しております。

お客様に代わり、事前申請から完了検査まで代行させて頂きましたが、過去の経験から他の自治体に比べ、今回の藤沢市の窓口の対応には感動しております。

もちろんご家族も同様の思いです。

外部工事はまだ仕掛リ中ですが、今月末に退院してくる利用者様の為にもう一分張りです。  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 11:30Comments(0)介護住宅

2011年08月04日

脱着式手摺

和室のある家の廊下

引き違いの襖があると廊下には連続性を保つ手摺が取り付けられないことがある

引き違いの襖であれば、ほとんどが1間幅(約1メートル80センチ)

中間に支柱を床に固定してしまえば取付は可能

しかし、尺モジュールの廊下幅では床固定は邪魔になる

では、こんな方法は!  続きを読む

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 19:20Comments(1)介護住宅

2011年07月18日

障害者の為の住宅設備改良助成制度

【障害者のための住宅設備改修助成金】

各自治体によって、その制度内容は異なるが、

障害者の為に、住宅設備改修に対して助成制度が設けられている。

この制度があることを以外に知られていない。

特に、介護保険サービスに拘わるケアマネージャー様も知識のない方が多い。

介護保険の適用は基本65歳以上、65歳未満でも特定疾患に該当する場合は

その適用を受けられる場合がある。

障害者の適用は年齢は関係ありません。

では、どのような場合にこの助成制度を利用できるのでしょうか。
  続きを読む

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 10:50Comments(0)介護住宅

2011年03月29日

屋外階段手摺の考え方

屋外階段手摺(玄関アプローチ階段手摺)の考え方

  

さて、何が違うのか。どちらも弊社が取付した手摺である。
写真のとおり階段部分のみ手摺があるのと、平面部分にも手摺が伸びている違い。

どちらが良い悪いという問題ではない。

ではどのように考えればいいにだろうか。

左上の手摺は、材料及び手摺の寸法含めご家族が指定された形状です。
右上の手摺は、御家族と打ち合わせし私の方から提案させていただいた形状です。

どちらも利用者様が十分使える手摺なので何の問題もありません。

では、なぜこのような形状の違う施工をするのか。

それは、使用する利用者様の身体的状況によって変わると言うことです。
介護認定には、要支援1,2という軽度から要介護1~5という重度までを区分しています。
介護認定の区分だけでは判断できませんが、「歩行能力・段差に関する間接可動域等」も加味し、
その状態を確認します。
そこで、軽度の利用者様であれば左上の手摺形状で十分です。
ただ、軽度であっても段差の途中で手摺が途切れると転倒の危険が増すということもあります。
右上の手摺形状を提案したのは、利用者様の身体状況を判断しご提案いたしました。




上りきった部位は左のように壁に固定し、昇降全ての空間で手摺が
途切れないように工夫しております。
段差がある場所で手摺が途切れると、転倒の危険が増えます。
同じ屋外階段手摺ですが、材料も繋ぎ方も様々な方法があるということ。

手摺はすべて同じように取り付ければ良いと言うものではない。  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 15:58Comments(1)介護住宅

2010年11月01日

第3回バリアフリーリフォームコンクール 三賞

社団法人かながわ住まい・まちづくり協会が主催する、第3回住まいのバリアフリーリフォームコンクールに、2件応募し、
結果1件は優秀賞、そしてもう1件は入賞(入賞は三年連続)、そして登録施工業者奨励賞三つを受賞し表彰されました。


主催
社団法人かながわ住まい・まちづくり協会

後援
神奈川県、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター、(財)神奈川県建築安全協会、(社)神奈川県建築士会、
(社)神奈川県建築士事務所協会、神奈川県建設労働組合連合会、(株)神奈川新聞社、(株)建通新聞社神奈川事務所

審査委員
委員長
野村 歡様  「国際医療福祉大学院教授」

委員
石本健二様 「(株)神奈川新聞社営業戦略室長」
大原一興様 「横浜国立大学大学院教授」
蔀  健夫様 「神奈川県県土整備局建築住宅部長」
立川悦子様 「逗子市社会福祉協議会事務局長」
土屋辰夫様 「神奈川県リハビリテーション支援センター地域支援室長」
星野芳久様 「関東学院大学名誉教授」 (順不同 敬称略)





優秀賞 楽々動線リフォーム
~ 作品の主旨 ~
慢性関節リウマチの夫(59歳・要介護1)と妻(59歳)の2人暮らし。
夫がリウマチの進行が進み、右股関節・右膝に人工関節を入れ杖歩行となったため、
水廻りを中心に行った動線重視のリフォーム。


入賞 車椅子対応生活Part3
~ 作品の主旨 ~
10年前にバイク事故で入院し、同時に脳梗塞を発症。
左肩麻痺、手足の拘縮あり、右肩は人工関節で腕は水平までにしか上がらない状態で
車椅子生活の父親(70歳・要介護3)とその介助者である長男(40歳)の二人暮し世帯。
キーパーソンの長男は、父親の介護の為仕事を辞めている。
父親は10年間、病院や老健施設を入退院していたが、自宅を生活の拠点に戻す為、
車椅子での排泄と外出を可能とするリフォームを実施した。


優秀賞 楽々動線リフォーム  概要




入賞 車椅子対応生活Part3 概要




表彰式翌日に神奈川新聞に今回のセミナー記事が掲載されました。

  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 17:30Comments(1)介護住宅

2010年10月18日

バリアフリーリフォームコンクール 受賞

かながわ住まい・まちづくり協会が主催する『 第3回 住まいのバリアフリーリフォームコンクール 』に二作品応募し、
ノミネートされたことは、以前の記事でもご紹介しました。

10月初旬に2件の現地視察が行われ、昨年に続き、受賞が決定しました。

 


【 総合部門・優秀賞 】(作品名 楽々動線リフォーム)および【 総合部門・入賞 】(作品名 車椅子対応生活Part3)、
【 登録施工業者奨励賞 】と3種もの表彰です。
また、本年で3年連続受賞という大変喜ばしい結果となりました。


表彰式・講演会は下記の日程で行なわれる予定です。

■ 平成22年10月26日(火) 12:30~16:30
  
  横浜情報文化センター6F 情文ホール
  
  住 所 : 横浜市中区日本大通




同時開催の講演会 「住まいのバリアフリーリフォームセミナー」は
参加無料(事前申込制・先着順200名)で受付けています。

落語家・三遊亭金時師匠の落語 「楽は苦の種・苦は楽の種」 の上演もありますので、
興味のある方は、是非、ご応募下さい。









尚、こちらの情報は、弊社が加盟する 『かながわリフォームコックさん』のホームページ内、
おいしい情報スクエア」にも掲載されております。
併せてご覧下さい。  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 15:49Comments(4)介護住宅

2010年10月15日

オーダーメイドスロープ

介護保険住宅改修工事 『段差の解消=オーダーメイドスロープ』

ハウスメーカーで建築された住宅にお住まいのS様より、寝室(和室)から廊下への出入り口にある43ミリの段差を解消する
工事をお請けしました。
2間の隣接する和室の段差を一体に解消する。

写真左の和室出入り口は「引き戸」、右の和室の出入り口はドア、
と言う建具仕様です。
廊下との段差は43ミリ。
右側和室前に白いテープが貼ってありますが、これは43ミリの段差を何度の勾配で仕上げるかの目安位置を表したものです。
和室に近い横線は約9度勾配(緩やかな勾配・車椅子手押し用)、和室から遠い
横線は約6度勾配(超ゆるやかな勾配・車椅子自走用)。
今回は、利用者様が左足骨折で車椅子自走にて出入を行いますので、約6度勾配のスロープを取り付けます。


左側の和室と右側の和室の廊下壁面からの奥行きが違い、更にドア枠やケーシング(枠の化粧材)材の出っ張りや引っ込み
などがあり、これを現場にて全て加工しながら合わせました。




また、既存のドアは床(畳)の上で収まるのではなく、廊下の床上で収まる仕様。
このままスロープを設置すれば、必然的にドアは閉まらなくなります。
方法は2つ。
1つはドアそのものを新規に造り交換してしまう方法。
もう1つは、既存のドアを下部43ミリカットし加工する方法。
今回は、低額で対応できる既存ドアの下部カットを選択しました。





横幅は全長1906ミリ、高さは43ミリ、奥行きは456ミリ。






様ご家族がホームセンターにスロープを買いに行ったところ、その寸法に合う商品はありませんと言われたそうだ。

そうです。
ホームセンターにはこのような商品は売っていません。

高さが30ミリくらいまでならあると思いますが、この勾配はだいたい14度もしくはそれ以上にきつい勾配だと思われます。

オーダーメイドでも介護保険サービスを利用すれば、たった数千円程度で対応できるのです。

どうぞ参考にしてみて下さい。  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 16:57Comments(0)介護住宅

2010年10月07日

2010 バリアフリーフェアー

去る10月2日、3日に2010年バリアフリフェアーが横浜ワールドポーターズで開催されました。
たくみ21も毎年出展しているイベントです。



介護を必要とする方や高齢者、あるいは障害者のために開発された商品展示や発表会など、2日間意義のあるフェアーです。
たくみ21も今年で4年連続での出展となりました。

福祉用具の研究開発から販売までを主に活動しているたくみ21ですが、今年は同会員でもある、横浜トーヨ代表の大畠社長が『洗濯革命』の発表を行いました。


※ 上記日付2009は2010の間違いです。

福祉用具とはまったく関係はありませんが、女性にはとっても気なる『洗濯』のお話。
普段、洗濯機では洗えずクリーニングに出してしまう、背広やコートなどを家庭で簡単に洗濯できると言うもの。
洗剤は『ハイベック』を使用する。

たくみ21で副理事としてボランティア活動する傍ら、『横浜の洗濯おばさん』として定期的な洗濯教室を開催されております。

横浜の洗濯おばさん』のホームページにはYouTubeで詳しい洗濯の仕方をアップしていますので参考にどうぞ。


今年の発表会で特に大きな拍手をもらっていたのが『アソシエCHACO』さんの『ユニバーサルファッション』発表会。

高齢者や障害者の方にも負担無く着れる、そしてお洒落な『ユニバーサルファッション』。
たくさんのモデルさんが登場し、会場は大盛り上がり。
身に着けたモデルさんから出る笑顔はとても印象的でした。



モデルさんたちの素敵な笑顔を載せられなくて残念ですが、みんな生き生きとして嬉しそうでした。


たくみ21次回の活動は、

H22年 10月21日~23日 平塚テクノフェアー出展します。
場所は、ひらつかアリーナ 時間は10:00~17:00(最終日は16:00)

H22年 10月23日      厚木看護フェアー
場所は、厚木看護学校   時間は9:00~15:00
  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 15:36Comments(2)介護住宅

2010年09月18日

かわさき基準 たくみ21会員製品

私、川崎が定めた基準ではありません。お間違いのないように!!

『福祉製品』 神奈川県川崎市独自の基準、それが『かわさき基準』です。

川崎市は福祉産業の振興のため、自立支援を基本概念とした独自の福祉製品の基準である
『かわさき基準(KIS)』を定め、福祉製品の創出に取り組んでいます。 (かわさき基準パンフレット 一部抜粋)

たくみ21会員も試行錯誤して開発商品化したものを、この『かわさき基準』に応募しました。

そして、平成21年度認証福祉製品として『かわさき基準』に採択された商品をご案内いたします。



【パラリンコップ】

~ 自助具:対象者・・片麻痺の方、握力の弱い高齢者 ~
NPO法人 たくみ21理事長 原田太郎 福祉用具研究開発の会

製品価格  1,890円(税込み)

尚、この製品は、第44回かわさき起業家オーデション ビジネス アイデアシーズ市場
かわさき起業家優秀賞を受賞しております。




【パフィリーパッド】
~ 自助具:対象者・・乳がん手術患者 ~
NPO法人 たくみ21会員 瀬戸貴保子

製品価格  1個  3,500円(税込み)
        3個 10,000円(税込み)









【コミュニケーション絵本】
~ 共用品:対象者・・会話や意思伝達が困難な障害者、障害児、サポーター ~
NPO法人 たくみ21会員 金田江里子 Tree絵本プロジェクト

製品価格  介護編/アクティブ編各1冊 3,150円(税込み)
        介護編/アクティブ編セット  6,000円(税込み) マーカーペン2本付き

尚、この製品は、第56回かわさき起業家オーディション ビジネスアイデアシーズ市場
かわさき起業家大賞及び日本起業家協会賞を受賞している製品です。

また、文部科学省 一般図書(特別支援学校・学級用)として採用されています。









【カターテ】
~ 自助具:対象者・・片手が不自由な高齢者、片麻痺の方 ~
NPO法人 たくみ21会員 宮島誠 株式会社エムエスエー

製品価格  シングル  8,800円(税込み) 
        ダブル   18,800円(税込み)




商品購入においては、NPO法人たくみ21ホームページよりネットショップがございますのでお気軽にご利用下さい。

勝建ホームでもお問い合わせできます。
お問い合わせはこちらから   

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:16Comments(0)介護住宅

2010年09月10日

バリアフリーリフォームコンクール ノミネート

かながわ住まい・まちづくり協会が主催する、「第3回 住まいのバリアフリーリフォームコンクール」に、今年度施工させていただいた現場を2件、お客様の了解を得て応募しました。

昨日、同協会の担当者から連絡を頂、入賞にノミネートされたそうです。

あくまでも、ノミネートです。

来月には、2件の現場視察があり、その後に入賞作品が選ばれる予定。

結果は、後のお楽しみです。

毎年コツコツと「介護住宅・介護リフォーム」のお手伝いをさせていただいております。

年々ホームページからの依頼も増え、ありがたく感じております。

それだけ多くの皆様に、弊社の「介護住宅・介護リフォームの造り方」専門サイトにご訪問いただいていることは、ご期待にお答えする責任が益々重くのしかかってくる思いです。

これからも皆様のご期待にお答えできるようスタッフ一同さらに精進し、介護を必要とする方のために住環境整備をしっかり担っていきたいと思う次第です。
  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 20:32Comments(2)介護住宅

2010年05月18日

たくみ21 展示・発表・即売会 盛況にて終了

去る5月14日、15日の2日間で開催されました、
「第3回 たくみ21展示・発表・即売会」は盛況にて終了いたしました。
2日間で述べ350人ほど入場者が有り、来場された方々からは、感謝のお言葉を沢山いただけました。

たくみ21の展示会は、私が実行委員を務め早3回目となった訳ですが、来場された多くの皆様から共通して
「ありがとうございました」と言うお言葉を頂いております。
弊社も様々なイベントを行いますが、来場していただけたお客様から「ありがとうございました」と言う
お言葉が大半に聴けるということはあまり経験が有りません。

この「ありがとうございました」には、「感動しました」「将来の不安が解消されました」「研究熱心な会員の姿が素晴らしい」
「参考になりました」「継続して行ってほしい」等々の意味が具体的に込められ、実行したたくみ会員全員に
勇気と喜びを貰えた瞬間でした。

ご来場頂きました多くの皆様に深く感謝申し上げます。

今回は「ナチュラルハートフルケア・ネットワーク平塚」のスタッフをお招きして、
移乗・ポジショニング・シーティングのスキルアップ体験講座も開催させて頂きました。
2日間とも沢山の方が熱心に参加され非常にためになったとの声が多く聞かれました。
ナチュラルハートフルケア・ネットワーク平塚」とは、ケアでつくられる二次障害「硬縮」「褥瘡」を
防ぐための活動支援をしています。


今回目玉でお招きしたのが三河のエジソンこと「福祉工房あいちの加藤源重」さんです。
加藤さんは日常的な物を工夫して様々な商品を開発しております。
来場されたお客様のほとんどが加藤さんのブースに立ち寄り、感動と驚きの声が上がっていました。
その他にも、「日本セーフティー」さんの「ラップポン」と言う簡易トイレの展示と実演にも多くのお客様が釘付けとなり、興味津々に説明を聞いていました。



たくみ会員も含め、総出展24社が協力して大いに盛り上がりました。

ご来場の皆様・出展者の皆様 本当にありがとうございました。




展示会実行委員責任者 川 崎 久 満
  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 15:41Comments(0)介護住宅

2010年04月27日

第3回 NPO法人たくみ21展示会 まもなく開催!

第3回 NPO法人たくみ21 展示・発表・即売会 まもなく開催!!


第1回、第2回と大好評にて終了しましたたくみ21の展示会。

多くの皆様のアンケートより、是非継続しての声があり、第3回目を開催する運びとなりました。


今回の展示会は、様々な福祉関連商品を、「実際に手で触れて使って見て感じれる」体験できる展示会に致しました。
一般的に流通している福祉用具だけではなく、たくみ会員が工夫を凝らし商品化されたものなど、
たくさんの商品が展示されます。

多くの皆様、ご来場お待ちしております!



こんな方、是非ご来場ください!!

●自分にあった介護用シューズが見つからない方
●片麻痺で生活リハビリにご不便を感じている方(歯磨き・トイレ・入浴)
●コミュニケーションが取りにくい障害者や高齢者を介護されている方
●ベッド上の介護(オムツ・ショーツ・シーツ・マット・まくら)に苦労されている方
●TVや声など音声を聞き取りやすい方法を探している方
●認知症で徘徊などのご苦労をされている方
●自分にあった杖やステッキをお探しの方
●硬縮、褥瘡を防ぐ方法を知りたい方
●自分にあった、乳パッドやウイッグ等をお探しの方
●その他 まだまだあります

お困りの本人、ご家族、高齢者、障害者、看護士、ケアマネージャー、PT、OT、ホームヘルパー等の医療、介護関連の皆様是非ご来場下さい。
きっとお役に立てるはずです。


【日 時 】
     5月14日(金) 10:00~19:00
     5月15日(土)   9:00~18:00

【 場 所 】
     かながわ県民センター 1階 展示場
       神奈川区鶴屋町2-24-2
       横浜駅 西口 徒歩 5分

【 入場料 】
     無  料


        

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 16:57Comments(0)介護住宅