プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2006年03月21日

ザ・アントレプレナーを読んで

22857.jpgドリームゲートのチーフプロデューサーである
吉田雅紀社長が出した本「ザ・アントレプレナー」を
読ませて頂きました。

吉田社長とのお約束どおり、
書店にて「ザ・アントレプレー」下さい!!と、
声高らかに申し出たところ、店員はキョトンとし
しばらくして、我に返ったみたいに慌てて少々お待ちください。
と言いながら本を探しに行った。

すると、「月間アントレ」を差し出され、これですか?

ざんねん。著者は吉田雅紀さんで「ザ・アントレプレナー」
と言う本だよ。

はい、今すぐ調べます。といことでやっと手に入れた訳です。

購入後の車中、ページをめくり少し目を通す。すると、
もう1ページ、もう1ページと気になり始めたのです。

事務所に戻るやいなや、山積みになった仕事もほかし
この本を読み始めてしまいました。

謎のCEOとのメールのやりとりについては一緒になって
考えさせられました。

次のページをめくって、主人公はどう行動するのか?
どう結論を出すのか?そしてどういう展開になっていくのかを
読んでしまう前に、自分ならと言う発想でまず答えを出してから
ページをめくっていきました。

私自身、業種や規模は違えどこの主人公と似た経緯を持ち、
当時苦しみながら経営責任者の立場に居た事を思い出させ
られました。

結果は主人公と同様、退職、起業家の道を選んだのです。

CEOから送られてくるメールのようなアドバイスも無く、
ひたすら自分を信じ黒字転換が図れた矢先の出来事でした。

著者吉田雅紀社長が、多くの人に伝えたいと言った
「やってみるからすべては始まる」と言う言葉、
本気に受け止めてほしいと私も思う。

やらなければ何もはじまらない

やらなければ成功もない

起業した経営者にとっても同様ではないだろうか

新たなチャンスにトライする勇気があるか

今、私は自分自身にCEOからのメールを送っているのかも
しれない。


吉田社長との出会いは、  続きを読む
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 18:42Comments(2)この本に影響を受けました

2005年08月19日

借金バンザイ

借金バンザイ!―税理士は教えてくれない!「自転車操業」の極意


私は、常に3ヶ月先までの資金表を確認している。が、現実は甘くない

3ヶ月先まで、まったく何も売上がなくとも会社存続ができなければいけないと思い数字をはじくのだが・・・

この本の著者が言う自転車操業の始まりだ。

著者は、あなたの会社の月商以上の預金がなければ、既に自転車操業は始まっていると書いている。

我々の業種は、工期が長いものも有り、先行支払のちに入金が遅れてくることがある。しかも、工事内容によっては、数万円から数千万円まで支払の幅が変わってしまうことも。

胃が痛くならないように先手、先手と早めの対応を心がけるが原資がなければ自転車操業にもならない。

原資をつくるため、今日も、明日も社長は現役営業マンである。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 00:35Comments(0)この本に影響を受けました