プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2008年11月18日

ちょいとうれしい話


こんにちは、お久しぶりです。
営業担当ドングリです。

先日、現場で休憩中に職人さんとお話していた時の事です。

「素朴な疑問なんですけど、勝建ホームの『他社にない良い所』
ってどこだと思います??」

っと質問してみました。

暫くう?ん・・・・・・・
っと考えた後、出てきた答えは

『アットホームさ』

思わず笑ってしまいましたが、納得です。

当然、仕事に対する真摯な姿勢や、アフターケアへの素早い対応などは
当たり前の前提としてのお話ですが。

確かにアットホームさは凄く感じます。
仕事場にいる職人さんは和やかな雰囲気の中で仕事を行って
いる様に見えます。

大工さん、水道やさん、電気やさん、ペンキやさん色々な職人さんが
一つの現場に集まりますが、休憩中は皆さん
業者さんの分け隔たりなくニコやかに
冗談を言ったりしてとても楽しい雰囲気です。

その雰囲気のせいでしょうか、作業を見学しているお客様が
職人さんに気軽に自分たちが聞きたい事を聞いています。
当然いやな顔一つせず職人さんも丁寧に答えています。

社長の人柄が会社にそして現場の雰囲気に反映しているからかと
思われますが、このお客様との関係があるから安心して
頂けるのだと感じました。

勝建ホームの一員としてドングリも「アットホームさ」を
大切にして「気軽になんでもお話できる営業マン」
目指し営業活動させて頂いております。

以上、営業担当ドングリの独り言でした。




  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 20:31今、企てている次のチャレンジ

2006年08月06日

人材

社員募集中!です。

受け入れ側は、

「良い人材がほしい」

「良い人来ないかな」

という期待感で求人募集をする。

良い人材なんて来ない、良い人なんて来ないんです。

では良い人材って?
携わる業務内容の知識が高く、実務経験も有り、
人間性も高く評価できる即戦力
ってことになるのだろうか。

そんな受け入れ側の都合を満たした人が来るはずないのである

私は思うに、一定のレベルから『育てる』ということに尽きる。
しかしこの『育てる』という行動が物凄く難しい。
過去、何十人もの部下を育てた経験からその難しさは
よく分かっている。
ましてや育てた人間全員が成長するとも限らない。
確率は落ちるが間違いなく成長させられることも事実である。


ただ『育てる』という事は、会社は時間もお金も投資しなければ
いけないことなのです。

体力と余裕のある会社は良いけど小さな会社はここが問題。

私自身こんなことを書いていても、心中は良い人材を
求めてしまっている。
なぜなら、お金も時間もともに余裕が無い中日常業務が
多忙で『育てる』ことができないと思ってしまうからである。

これではいつまでたっても変われない。

思い切った計画と行動が必要だ。

全てを前向きにそして真剣に。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 09:51Comments(2)今、企てている次のチャレンジ

2005年12月03日

事務所改装中

只今事務所改装中。

秋頃から始めようと思っていた事務所改装だが、
先月末からようやく着手した。

12月は例年、現場は戦争状態。
事務所の壁はぶち抜いたまま・・・

そりゃ、お客様の現場優先ですから、当然事務所は後まわし。

・・・年内に終わらせることができるだろうか・・・

泥棒が入ったような状態で年越すわけにはいかず・・・

コピーロボット3台ほしいんですけど。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:46Comments(0)今、企てている次のチャレンジ

2005年08月01日

ミラクル構法

住みながら3階建てに増築できる。

築30年の家でも3階建てに増築できる。

増築した屋上がビオトープに、ペットの遊び場に、また家庭菜園までできる。

そんな夢の増築工事「ミラクル構法正規代理店」としてを手掛けていくことを決めました。

         夢の増築ミラクル構法

          有限会社 勝建ホーム  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:32Comments(2)今、企てている次のチャレンジ

2005年08月01日

平均的な受注

建築工事請負業として、年間を通して平均的な受注を確保することが非常に難しい。ましてや営業マンが私だけの弊社であればなおさらだ。

GWあけ位から受注残が減り、そろそろ新規契約の確保に奔走しなければいけない状況であると春先から頭に入れて行動していた。

着手する現場がなければ資金もきつくなる。

社長業をこなしながら、営業マンとして種まきにまわる。
時には軽微な現場なら道具を持って収めに行くこともある。

なかなか受注に結びつかない日を過ごした。

7月に入り、まいていた種から花が咲き始めた。
と思っていたら、咲き乱れてきた。

もちろんうれしい悲鳴であるが、多忙時期とそうでない時期の差が激しい。

年間を通して安定受注できる仕組みを考える必要がある。

1年先まで受注残があったらこんな楽なことは無い。

営業せずして契約を取る。
予約制で請負える会社づくりを真剣に考える。

   社長は営業マンの 有限会社 勝建ホーム  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 20:51Comments(0)今、企てている次のチャレンジ