プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2005年08月08日

人に感謝されること

背中の痛みを我慢しながら奮闘中。

昨晩も整体師に出張治療に来て頂いた。

幾分楽にはなってきたが痛みは残る。現在テーピング中。

整体師とは約9年の付き合いになる。

最初は首がまったく動かなくなり、整形外科にいってもダメでした。
この時の病院の対応にはガッカリだった思いがある。

彼とは人の紹介で出会った。

一週間から10日ほどかけ、痛みを和らげ元の体にもどして頂いた。

彼は整体師となって今年で17年を迎える。

16年間治療院を持たず、コツコツ出張でがんばり口コミの患者さんを増やしていった。

昨年、弊社で治療院併用住宅を新築してくれた。

しかし、いまだに出張治療が多いようだ。

私みたいな患者からすると、良い職業だなーとつくづく思ってしまう。

もちろん経営的なことは差し置いてであるが。

腕が確かであれば、人のためになる、社会が必要としてくれる。

結果、治療を受けた患者は感謝する。

コツコツ積み重ねていくのは大変な努力が必要だが、彼は真面目にそして技術を磨き今の地位を築いてきたのだと思う。

どんな仕事であれ、社会に必要とされ、人に感謝されなければ存続はありえない。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 16:26Comments(0)最近、刺激を受けた話

2005年08月07日

会社経営を甘く見るな!

最近若い方達と話をする機会があった。

「起業家」「ベンチャー」という言葉がよく使われていた。

起業家として社長になりたい、サラリーマンなんて嫌だ。と数人が喋る。

確かに聞こえはかっこいいかもしれないけど、そんな甘いものじゃない!と厳しく忠告した。

決して若い人達を頭から押えたわけじゃない。

私は、このブログに参加させて頂いてから、「起業家」「ベンチャー」なんて言葉を多少使うようになった程度だ。

弊社の場合ベンチャー企業なんかじゃない。それどころか今までに供給過多になるほどの企業が存在している業種だ。一歩間違えば即倒産の危険もある。

起業家を目指すことは良いことだと思う。このブログに参加されている皆さんのように素晴らしい起業家になれる可能性だってある。

しかし、成功している方々は並々ならぬ努力を重ね、何度も危機を乗り越えてきているのだと思う。

弊社など一年いや一ヶ月先が勝負であることの方が多い状況だ。

会社を経営することはそんなに甘くない!多少の遠回りがあってもマイナスになることはない。マーケットを調査した上で自分のビジョンが確立でき、損益分岐を出し、具体的戦略が見えたなら進めばよい。

かっこいいからなんて、中途半端な気持ちならやめなさい!  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 18:25Comments(2)最近、刺激を受けた話

2005年06月27日

わが息子・・・やっぱり

6月の初め20歳になる二男から電話があった。

二男「今月父の日っていうのがあるらしいじゃん」

私 「あっそう!一度も祝ってもらったことがないから知らない。それで?」

二男「タバコぐらい送ってあげようかなって思ってるんだ」

この息子、中学生になる頃から不良街道まっしぐら。
そんなこと教えてないのに、何故真似をする?

親の出来と教育が悪かったんでしょう。

そんな息子から今まで聞いたことの無いような言葉。

うれしい言葉。

タバコなんてどうでもよかった。

その言葉だけで・・・・

胸がときめくぐらいドキドキした。

おい!息子よ!父の日っていつだ?
もう6月もあと3日で終わる。

そう、タバコはいまだに届きません。

あーやっぱり・・・
間違いない、わが息子です・・・  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 19:14Comments(0)最近、刺激を受けた話