プロフィール
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム
有限会社 勝建ホーム

代表取締役 川崎 久満

《事業内容》
新築・リフォームの設計・
施工管理業務 及び、
特定福祉用具販売事業所

《許可》
■建設業許可
  神奈川県知事(般-16)
  第69211号
■介護保険事業所番号
  1472001773

《資格》
■二級建築施工管理技士
■増改築相談員
■二級福祉住環境コーディネーター
■二級ホームヘルパー
■福祉用具専門相談員

《勝建ホームの
   各種専門サイト》

■ 家を建てよう
■ リフォーム!リホーム!勝建ホーム!
■ 介護りふぉ

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2012年11月04日

高齢者を狙う悪徳リフォーム業者

高齢者を狙う悪徳リフォーム業者

先日、ケアマネージャー様の依頼で、介護保険住宅改修工事の

打合せに伺いました。

現地調査、提案工事内容の打合せを終え、後日お見積を持参しました。

日常は高齢者夫婦2人でお住まいの為、息子様も見積打合せに同席されました。

全てを説明し、ご承諾頂きご契約ささせて頂きました。


契約後、雑談の中、驚くようなお話を伺った。

実は・・・と切り出す奥様。

今まで幾度となく訪問販売の営業マンにだまされてきたと言う。

その中でも一番驚いたのが、ユニットバス交換のリフォーム業者の話。

元々、在来浴室(床壁がタイルで浴槽を埋め込んでいる造り)であったが、

タイルの剥がれや目地の劣化が進み、浴室改修をしなければと思ってた所、

訪問販売の営業マンに、飛び込み即決で契約させられたそうだ。

大きさは1612サイズ(0.75坪)のユニットバスへの交換で、

工事金額は、なんと!300万円!!!
自己資金が足りず、信販会社のローンを組んでの契約と言う。

一般的には、その3分の1程度範囲内で十分対応できる。

そんなことが数回あって以来、契約には息子様が同席されている。と言う。

その300万で契約した悪徳リフォーム業者は、倒産している。

基本的に、訪問販売で来られた営業から契約して

メリットは!『100%有りません
その日に契約を迫られても、絶対にしてはいけません。

必ず、身内、知り合い等、相談してからにしましょう。

また、「クーリングオフ制度」を理解しましょう。


  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 14:27Comments(0)悪徳業者

2012年06月15日

減らない オレオレ詐欺

先日、介護リフォームの打合せがありお客様の所に訪問した。

高齢夫婦の二人暮し。

2人の息子様は別居で定期的に実家には来て下さるようでした。

打合せも終わり雑談へ。

電話がかかってきても知らない番号は出ないようにしている。と言う。

「オレオレ詐欺」の電話も受けていた。

被害にはあっていないがやはり怖いので、電話に出なくなったそうだ。

つい先ほども、市の広報で「只今、市内においてオレオレ詐欺の電話が・・・」

と、注意喚起が流れた。


最近、介護リフォーム等で高齢者のお宅に伺うたびに

この話が出る。一時より減ったのかと思っていたが

現実は、あの手この手で迫り、まったく減っていないように思う。

なんとか根源を立つことができないのだろうか。

  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 12:56Comments(0)悪徳業者

2011年03月26日

震災便乗詐欺

震災便乗詐欺に気をつけて下さい!

【点検商法の例】

■計画停電に便乗

1、「計画停電にともないブレーカーの点検です」と、訪問する。

2、「計画停電にともない水道の点検です」と、訪問する。
  (特に受水槽からポンプアップしている集合住宅が狙われます)

■地震に便乗

3、「地震の影響で下から見ても、瓦がずれているのが見えます。無料で点検してあげましょう」と、訪問する。実際に屋根に上がって見るが、降りてきたら即危険をあおります。このままでは、今度地震が来たら屋根が落ちてきて潰されます。と危険をあおり高額な屋根工事を迫る。

4、「地震の影響で水道が洩れている可能性があります。無料で点検してあげましょう」と、訪問する。実際に床下にもぐり洩れてもいない水漏れの危険をあおり高額な修理代金を請求する。

上記の例のように『点検商法』での詐欺が横行する可能性があります。
十分注意をして下さい。

ラジオや新聞でも注意を促しております。

高齢者住まいの場合特に注意が必要です。ご家族の方が十分注意を払って下さい。

キーワードは『無料点検です

東電や水道局などが突然点検で訪問する事はありません。

万一訪問があった場合は、訪問者の身分証明書を確認しその事実を東電や水道局に確認して下さい。

それまでは、「絶対に家に上げないこと」「屋根に上らせない」事が必須です。

  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:49Comments(0)悪徳業者

2011年03月10日

高齢者被害増加 悪徳リフォーム

2011年 3月8日(第969号)
リフォーム産業新聞 (発行所 (株)リフォーム産業新聞) 記事より

訪問販売での悪徳リフォーム被害が過去最大になった。

警察庁のデータによると、被害額は平成22年中の88億310万円から

約23億増え、111億2424万円となり、合計の被害者は10万人を超えている。

特に、60歳以上の高齢者が多くしかも認知症高齢者のように

判断不十分な消費者が被害にあっている。

その実態は
  続きを読む

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 12:51Comments(0)悪徳業者

2009年10月20日

なぜ悪徳業者に狙われる!?

あなたが悪徳リフォーム業者にだまされるかもしれない10の質問の解説。

Q1、の解説

ベテラン訪問販売員は歩きながら一軒一軒を外部から観察しています。(軒並み訪問している者もいますが)特に外から見える外壁や屋根あるいはアルミ製品のエクステリア関係は、訪販で取付したものかそうでないものかは大抵見分けがつきます。

ですから、それらの商品がついていればこの家は過去に訪販と契約していると言う信号になる訳です。これは、訪販を受け入れやすいという印になってしまうのです。

Q2,Q7,Q8、の解説

玄関まわりを煩雑にしていると、家主(家族)は物事にだらしが無いと判断されがちです。また、洗濯物などの干し方も同様の見方をします。これを悪用するのが訪販です。統計的には全ての方ではありませんが、玄関まわりを煩雑にしている方は訪販に契約されていることが多いのです。

具体的な事を言うと、だらしが無い方はお金にも無頓着な方が多く、ローンクレジットを抵抗無く組んでしまう傾向が強いためです。

Q3、Q4、Q5、の解説

訪販の心理その1は、「どうやって玄関を開けさせるか・どうやって玄関の中に入るか」です。その為玄関に施錠がされ且つインターフォンの場合は、即、断られてしまうので訪販はいやがります。

したがって、Q3のように施錠されていない玄関は危険です。また、インターフォンが付いているのにも拘わらず玄関が施錠されていない場合、訪販はまずインターフォンを押す前に玄関に鍵がかかっているかどうか直接玄関ノブに手を掛けます。

この時鍵が掛かっていなければインターフォンは押しません。訪販にしてみれば、これで第一関門突破になるわけです。

Q6,Q9、Q10、の解説

訪販にとって相手が話しをしてくれる方が楽です。逆に反応無かったり無口なタイプは苦手です。特にQ6,では自分の家の状況をあらゆる質問から吸収されてしまいます。

家族構成などはQ7,の洗濯物でだいたい把握してしまいます。

高テクニックとしては、こんな質問をしてきます。「奥様はお車など購入する場合、必ずご主人に相談してから決めますか?それとも決めた後に話しますか?」これは、契約行為での決定権者が誰なのかを聞きだす質問になります。

万一、奥様が決定権者と分かれば、その場でクロージングの戦略に切り替えて攻められます。仮に決定権者がご主人と分かれば、ご主人の在宅時にもう一度訪問する約束を取り付けようとします。

上記の質問に回答してもらえたら続けてこんな質問も飛び出します。

「では、お車を購入する際はローンが多いですか?それとも現金ですか?」これは、訪販はクレジット払いで売り込みますので、ローンに対する拒否がないかどうかの判断、そして、ローンを組ませて方が契約させやすいと判断されてしまいます。

最後にQ9、のような自信は禁物です!だって、相手は幾多の経験と反復練習で応酬話法の勉強をしているプロです。

最後には丸め込まれるのがおちです。あれこれしゃべる前にきっぱり断るのが大事です。

では また。






  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 16:21Comments(0)悪徳業者

2009年10月18日

悪徳リフォーム業者が狙う家とは!

悪徳業者が狙う家とは、どんな家なのだろうか。どんなタイプの方なのだろうか。

あなたが悪徳リフォーム業者にだまされるかもしれない10の質問。

以下、私が作った10個の質問にYES・NOを入れてみてください。

Q1,過去に訪問販売で外部のリフォームをしている (YES・NO)
(外壁サイディング・テラス・ベランダ・カーポート・サンルーム・温水器など)

Q2、玄関まわり、庭の手入れがされず、どちらかと言うと煩雑に物が置かれている。(YES・NO)

Q3,在宅時は玄関ドアの鍵は掛けていないことが多い。(YES・NO)

Q4,チャイム式のみでインターホンが付いていない。(YES・NO)

Q5,訪問者があると相手を確認せず玄関の鍵を開けてしまう。(YES・NO)

Q6,話すことが好きで、質問されるとついつい答えてしまう。(YES・NO)

Q7,洗濯は苦手で、干し方にもこだわらない(YES・NO)

Q8,敷地内に子供の自転車や遊び道具がちらかっている。(YES・NO)

Q9,営業マンが来ても、いろんな言い訳の話をして断れると思っている。(YES・NO)

Q10,得する話やおまけ、キャンペーンが大好き(YES・NO)




診断

YESの数が10個→間違いなく悪徳業者の餌食です。

YESの数が5個~9個→かなり標的にされる可能性を持っています。

YESの数が3個~4個→だまされる可能性を持っていますので日頃から意識的に注意してください。

YESの数が2個以下→自己防衛できますが油断せず注意してください。


この診断の詳しい理由は次回!


  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 14:31Comments(0)悪徳業者

2009年10月16日

急増!太陽光発電の訪販被害

2005年頃悪徳リフォーム業者が増え、全国で多大な被害を及ぼしたのは記憶に新しいところだ。

それから、少しずつ被害が減りピークは過ぎたかに思えていたが、最近になり悪徳業者の手口に引っかかってしまう消費者が増えたのだ。

それが、太陽光発電の訪問販売だ。

今は、世界でエコブーム。

環境問題を各分野がそれぞれに取り組んでいる。

そんな中、「太陽光発電システム」においては、国や地方自治体が補助金を出し普及に努めている。

ここに訪問販売業者が目をつけて来た。

苦情や被害内容の要点だけまとめてみると

・補助金が受けられなかった

・クレジット(分割払い)の返済額は売電で賄えると説明されたが実際は、売電できない月と売電出るが数百円にしかならないことがあり、説明と違った

・モニターで5件の枠があり残り1件しかないのでと言われ、今日の契約を迫られ印を押してしまった

・見本工事で施工するので格安と言われたが、後で調べたら高額で契約していた

・オール電化になるから電気代も安くなると言われたが、ガス温水式床暖房が入っているため電化上手の契約にはならず

等々、苦情の内容は多大だ。


以前にもこのブログで書いたが、だまされないためにはどうすればいいのでしょうか。

*:訪問された当日に契約を迫られたら、絶対疑ってかかれ!契約は絶対してはいけません。

①、モニターとかキャンペーンとかの文句で今日しか時間が無いと言われても、絶対その日に契約しないこと。なぜなら99%その日に契約させるための営業トークでしかないのだから

②、当日に見積されて契約を迫られたら、知り合いが居ても居なくても「親戚の工務店に相談してから返事します」ときっぱり言う。

③、本当に特になるのか電力会社の方に調査してもらいます。と言う。

④、一番いいのは絶対に家の中に上げないことです。
  (訪問販売のテクニックは言葉巧みに家の中に上がりこむことを第一段階の目的にしています)

繰り返しますが

訪問販売での営業マンが来たら、「絶対家の中に上げない」こと!

万一、上げてしまって、当日に契約を迫られたら「どんないい話に思えてもその日には契約しない」と断言すること!

それでもしつこく粘られ契約させられてしまったら、翌日に第三者に必ず相談すること!

この3点を覚えておいてください。

経済産業省でも太陽光発電装置の消費者保護について取り組んでいます

皆さん、悪徳業者の被害にあわないよう注意してください。

最後に、難しいかも知れませんが、太陽光発電のこと、エコキュートやIHクッキングヒーターのことちょっとでいいです、知識勉強してみたらいかがでしょうか。







  

Posted by 有限会社 勝建ホーム at 19:12Comments(0)悪徳業者

2008年11月06日

激安リフォームチラシにご注意!!


リフォーム工事中のお客様より相談を受けた。

現在着工させていただいている工事は、室内の廊下・階段まわり全面塗装工事及び建具の新設工事です。

相談というのは、たまたま入ってきたチラシを差し出しこの内容どう思いますか?と尋ねられた。



チラシは、たたみ・襖の張替え中心に内装リフォームの激安チラシであった。

このお客様は、こんな安い金額なら畳の表替えと襖を張り替えたいと思ったそうだ。

もちろん、弊社でも対応可能な工事ではありますが、そのチラシに記載されている金額を見てびっくりでした!?

お客様には当然ですが正直なお話をしました。

このチラシに「嘘」や「騙し」がなければ本当に安い金額です。弊社では対応できない金額です。

こう申し上げると、お客様は悪く思はないで下さい。一度社会勉強のために聞いてみたいのです。

どうぞ、遠慮なく聞いてみてください。その代わりこれだけは約束してくださいと3点伝えました。



1、チラシに記載されている金額どおりでなく高い見積を出されたら絶対に即答せず相談してください。

2、今日までがキャンペーンですから今日中に契約してください。と即決を要求されても1日時間を取って下さい。

3、ご自身が「あやしい」と感じたらはっきり断ってください。






チラシの内容どおりであり、その内容をきちっと書面に残し、納得されたなら契約してもいいでしょう。あとは、その会社を信じるしかありませんから。但し、翌日に、なんらかの理由を付け必ず名刺や契約書記載の事業所に電話をしてみてください。あるいは、番号案内でわざと電話番号を調べてみてください。また、インターネットの環境が整っているのならその会社の名前で検索してみてください。その行動結果で不信に感じたら即、クーリングオフの適用を受けましょう。

ちょっと、やりすぎじゃないの!?って言われるかもしれませんが地元でない初めての業者に仕事を任すのならこのくらい神経質になれば絶対に騙されることは無いはずです。

これは、騙されないための自己防衛です。その業者を断らせて弊社で仕事を取ろうなんて言う野暮な話じゃありません。

多くの方は似たような手口で騙されてきているのです。



で、結果はと言うと、案の定です。

この畳ではチラシの金額では表替えは出来ません。チラシに出てる襖の張替えも最低ランクですから一般的にはこちらになります。etc と言うことで、置いて行った見積は165,000円 チラシで計算すると18,000円です

6畳の和室です。畳は6枚 襖は大が2本(片面のみ)

一般的に考えれば置いて行った見積の3分の1の金額で出来ます。しかし、チラシで計算すると18,000円なのです。



これで多くの方が騙されるんです。

このお客様、はっきりとお断りしたそうです、。それでもなかなか帰ってくれなくて困ったそうです。また、夜にも電話があり畳だけでもいいですから・・・と執拗に営業されたそうです。

お客様からは、「いい勉強になりました。チラシのあまりの安さにぐらっときてしまいました。でもそこには偽りばかりでした。」 これからは今までどおり勝建ホームさんに全て相談していきます。と言っていただけました。




  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 19:04Comments(3)悪徳業者

2008年10月20日

下水道詐欺

新築をして頂いたOBのお客様から電話が来た。

設備品のメンテナンス依頼でしたので即対応してきました。

作業終了後、お茶を頂きながら雑談。

謎の訪問者
「近くで下水道の工事をやっているので宅内の枡から臭いが出るかもしれないので、これをまいといてください。」

優しい口調で、爽やかな青年と思いお客様はいわれたとおりに数粒の薬を受け取った。

夕方再び訪れ、

謎の訪問者
「薬は入れましたか?」

お客様は特別臭いも感じなかったので入れなかった。と言うと、では私が入れてあげましょう。と、敷地内の最終枡を開け薬を投入した。

同時に、枡のコンクリート部分に亀裂が入っていますのでついでに補修してあげましょう。料金は5千円です。

その程度なら、お願いします。

しかし、コンクリートの亀裂と補修は嘘だった。

当然、臭い防止の薬も、また、下水道工事すらやっていない。全てが作り話であった。

この後、お客様は信じられないことに気が付く。

新聞にあのときの会社が同様手口の詐欺で掲載されていた記事を読んだのです。

その記事を読んだ後に、幾度と無く電話訪問してくる業者。

お客様は、きっぱり、「うちは面倒を見てもらっている家を建ててくれた業者がいますので、もう、結構です」と、断ったそうだ。

この後、どういう展開で詐欺していくのだろうか。

5千円の被害だけで阻止出来たことは良かった。

お客様は、あんな優しそうで、爽やかな青年がねー、あれで詐欺するかと思うと腹立つね。だって、話聞いてしまうもの。

そう、それが悪徳業者の「手」です。

口は下手なセールスよりよっぽどうまいのですから。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 16:33Comments(0)悪徳業者

2008年10月10日

じもとの事件簿

定期的に平塚市内での事件が折り込み広告で知らされる。

新聞では公表されない地元の事件です。

驚いたのは、「振り込め詐欺」

これだけ、ニュースや新聞、広告などで取り上げられ注意を促しているのにもかかわらず・・・・やられてしまうのですね。

しかも、弊社事務所と同じ町内の方が被害に遭われていたようでなんとも悲しい思いです。被害額1千数百万円

まさか自分が被害に遭うとは!って誰しもが思うそうなのですが、身内のこととなるとパニックになるそうで、結果、だまされる。

家族思いはいいけど、もう少し、自分の家族を信用しましょう!!

その他、多かった犯罪

空き巣・ひったくり・車上狙い・自転車バイクの窃盗

身近なわが町での犯罪・・・悔しい!悲しい!

自分が住んでいる町です、犯罪を無くし『いい町』にしたい。

     一市民のひとり言  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 10:18Comments(0)悪徳業者

2008年06月21日

最近の訪問販売

2ヶ月前に新築のお引渡しをさせて頂いたお客様から電話があった。

訪問販売の営業マンにうまく乗せられそうになっていたのです。

訪問販売の内容は『オール電化』

ようするに、ガス給湯、ガスコンロを使用している方にIHクッキングヒーター、エコキュート等を高額で販売する手口です。

この営業マン、低炭素社会をテーマにあたかも国の機関から来ているようにはなし、しかも、電気代は月々1000円しかかからないと嘘八百。

お客様には、はっきり断るようにアドバイスしました。

その翌日、今度は今年初めに新築のお引渡しをしたお客様から電話があった

国の機関を名乗り、建物検査に来たので中を見せてくださいと言われたそうだ。

奥様が冷静に、主人不在ですので今日は帰ってくださいと断り、即電話で相談してきた訳です。

このお客様の、新築引渡し時には完了検査も全て受け合格しております。

市の固定資産税課の調査も済、他に検査に来るものはまったくない。

その後、訪問されなっかったようなので、目的がなんだったのか分かりませんが、間違いなくなんかの販売でしょう。

で、まだあるんです。

先ほど、弊社の営業マンが打合せに行っているお客様より電話があり、

○○市で限定30棟の無料耐震診断を実施しております。この機会に無料で耐震診断しましょうと、乗せられ申し込みを迫られているとのこと。

○○市のホームページを確認してもそんな話は一切無い。

ましてやその会社自体、○○市では耐震診断の登録業者にもなっていない。

こんな話に乗ったら、金物メタメタ付けられてえらい金額請求されるのが落ちです。


とにかく、最近訪問販売がえげつないし、知識の無い人は間違いなくだまされる程、話は巧みで巧妙です。

是非、気を付けてください。

以下を意識してください。

訪問販売での営業の話を、気軽に聞かないこと!

一人のときには絶対に家の中に上げない事!

「無料」「キャンペーン」「見本で」と言う言葉には乗らない事!

ちょっとでも不信を感じたら、即、相談する事!(相談する人いなかったら私が相談に乗ってあげます)

その場で即答(契約)をしないこと!  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:13Comments(1)悪徳業者

2008年03月14日

悪徳業者 新築住宅詐欺

   新築住宅詐欺

身近で起きた嘘のような本当の話。新築住宅での詐欺事件。

今日、被害に遭われた方とお会いした。この事件を知るきっかけとなったのは弊社新人社員のドングリ君がこの方と共通する場所で知り合い、被害の状況を耳にしていたため、私になんとか相談に乗ってあげられないかと話を持ちかけてきました。

このことはドングリが「ドングリ君の奮闘日記」に書いていました。

お会いすることになったのもドングリ君がアポイントを取り付けてきたからです

約束の時間に行くと、まだ警察の現場検証が行われていました。

詳しいことは避けますが、ことの経緯は有名なある企業の名を語りその取引先の業者で信頼がおけるという形で紹介されたという。

被害者はそれを信じ、新築の契約をしたそうだ。

結果は、基礎と骨組みまで進行、その後は現場からドロン。

工事代金として契約総額の約90%を支払ってしまいそのまま持ち逃げされた。

途中まで手を付けた現場もでたらめ、しかも建設業法違反でありこのままどこかの会社が引き継いで完成させることすらできない。

要するに解体して更地に戻し、一から始めなければマイホームは手に入らない状態だ。

この詐欺師の会社は建設業の許可も持たず、しかも短期間で数件同じことを繰り返したようである。被害に遭われた方も、現場案内された他の建築中建物を見せられたそうだが、この見せられた建物の発注者も完成には至らず詐欺の罠にかかってしまったようだ。

とんでもない悪である。

被害に遭われた方とお話をさせて頂きましたが、現在告訴し警察が介入そして弁護士の先生とも相談されているとのことでしたので、私なんかが出る幕じゃない状況です。

気の毒なことだけど、持ち逃げされたお金は戻ってこない可能性のほうが大きい。

司法の手よって一日でも早く解決させてあげてほしいと切に願う。

私たちにできることは慰めの言葉をかけてあげることぐらいしか出来ない。

今一度、人事ではない詐欺の怖さを認識しどうしたら自己防衛できるのか考えてほしい。

自己防衛の段階であれば、勝建ホームは間違いなく良きアドバイザーになれる。


  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:38Comments(0)悪徳業者

2007年11月22日

偽装建材

食品の偽装事件が続く中、建築業界でも大きな偽装事件が発覚してきた。
建材メーカーのニチアス、東洋ゴム工業が耐火建材を偽装して不正に大臣認定を取得した。また、不正に認定を取得した数があまりにも多いことは非常に驚きである。

到底、担当者個人で出来る範疇にない。会社ぐるみの何者でもないと感じる。

この事件で、消費者は当然ですが、大手ハウスメーカーなども善意の第三者になってしまっている。

おかげさまで弊社は、ニチアスの製品は使っていませんでしたが、そのあおりは少なからずある。

大手ハウスメーカーでは、ニチアスの不正認定取得した軒裏用の建材を使って建築した数が多大だ。
このことで、即、交換工事の手配を掛け始めているのです。

軒裏の建材を交換するとなると、供給した大半の住宅が2階建て以上となるため、足場を組まなければ交換はできない。

当然、足場掛けの専門工事業者は大忙しになる。

弊社取引先の足場業者も、その対応で多忙になってきた。
当然、自社の施工現場で足場が必要な工事は段取りを組むことが大変になってくるのです。

今回の建材は防火地域で使用されていることがほとんどなので、神奈川や東京近郊市町村で集中する。

我々は、大臣認定まで取得した大手の建材メーカーが売る商品を疑いの目で見ることなどありえないことだ。

いったい何を信じていけばいいのだろうか。

不正を平気で行う腐った人間のこころは金の亡者と化しているのだろうか。

今日も、日経新聞には栗本鐵工所の高速道路建設にともなう、強度改ざんの記事が出ていたが、ばかばかしくて語る気にもなれない。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 13:01Comments(0)悪徳業者

2007年06月11日

ホームページの写真無断掲載3

先週末に再度無断で画像を使われている相手に
メールを送ってみた。
もちろん、現在もなんの返答もない。

その後、出来る範囲でこの悪徳者の調査を依頼した。

出てきた出てきた、他からも出てきましたよ。

建築関連の会社が2件、異業種(酒造会社)から1件
全く同じ写真が使われていました。
現在、それぞれの会社に事実関係を確認している最中です。

Googleからも広告収入を得ていることがわかり
Googleに問い合わせをしました。

(以下Googleから返信のメール文抜粋です)

著作権の侵害に関する申し立てに対しては、デジタルミレニアム著作権法およびその他の知的財産権に適用される法律に基づき、適切な対応を取ることを心がけています。

お客様が著作権を保有する素材のコンテンツが別のサイトで不法に複製されていると思われる場合は、下記の URL に記載の手順に従って、著作権侵害の通知をお送りください。

と、ご丁寧に手続き等のご連絡を頂きました。

楽して金儲けしようなんて大間違い。
非は非です。
良心があるならば適切な対応を取るべきではないだろうか!  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 20:06Comments(2)悪徳業者

2007年06月05日

ホームページの写真無断掲載2

ワークデザインの嶋崎社長に記事を投稿していただいた。

無断で弊社の写真を掲載している。
メールを出したが何の返事も無い。

この写真私自身が床下にもぐり撮影してきているので
無断借用に間違いない。

腹が立つのは、この写真を使用されたホームページの
タイトルが「耐震強度偽装問題に学ぶ耐震診断」である。

あなたが「偽装」でしょ!!

直ぐに削除してほしい。

こんな事ブログで書いても本人が読んでいる訳でないから
この気持ちは届かないのでしょうけど・・・

どう対応すればよいのでしょうかね、こう言う問題は。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 09:21Comments(2)悪徳業者

2006年11月20日

とんでもない業者続き

とんでもない業者の続き。

お客様が、公的機関の担当者及び係わった人を呼び
現場確認をして頂いたとの報告があった。
私は、大変残念であるがその日時にどうしても立ち会えなかった。

お客様の知り合いである議員さんにもきていただくように
セッティングしたそうで、公的機関の担当者も慌てて上司
同行で訪問したようだ。

しかし、その現場確認の結果を聞いて愕然としたのです。

公的機関担当者及び上司の言い分。
1、こんなクレームをつけられたのは初めてである
2、知り合いの業者が居ないから紹介してくれと言われたから
  Bさんを紹介したのです。そのBさんがA業者を紹介した。
3、手摺金物のカバーが1箇所付いていないが特段問題ない
  でしょう

さて、そのBさんという人がどういう立場の人かがわからない。
拝見した資料から、住宅改修の間取り図や仕様などを作成し
且つケアマネージャーが作成する改修が必要である理由書的な
書面も作成してあった。
Bさんの名前は記載されていたが、どういう立場なのかはお客様も
確認しなかったそうだ。
(お客様は設計士と思っていたらしいが)
未だに設計士なのか、ケアマネなのかあるいは福祉住環境コーディネーターなのか不明である。

そのBさんの言い分
1、施工は何も問題はない
2、手摺のブラケット間隔はギリギリ耐久性を確保している
3、居室用の木棒を外に付けてあることについては
  2−3年で腐るものではない
4、安ければいいという問題ではない
5、お願いした業者は地元の老舗で信頼できる業者である

と、まぁ良いように言われお客様は反論することもできなく
引き下がってしまったそうである。
何も分からない素人が、専門的に図面や仕様書で説明され
その後に紹介の工務店から見積り出されればそのまま
信用するものね、とお客様はポツリと言った。


あ〜、その時に立ち会えなかったのが本当に無念である。

更に追求しますか?今度は私と一緒に窓口に行きましょうか?
と投げかけるも・・

お客様も、障害を持つ本人が自ら相談しに行って
一度は納得してやってもらったことだから、もうこれで
スッキリさせたいとおっしゃる。

お客様がそう思っているのなら、私もこれ以上追及していく
わけにはいかないのである。
けど、絶対このことは頭から離さない。
必ずこの地域での仕事では遭遇する可能性がある。
その時はきっちり明白にしますよ。

同じようなお客様が多数居るように思える。
そして、その方たちは今でも疑う事も無く大金を出して
納得しているかもしれない。  続きを読む
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 22:08Comments(4)悪徳業者

2006年09月15日

とんでもない業者

先日、大掛かりなリフォームの相談依頼で
現地調査に出かけた。

久しぶりに目の当たりにしたとんでもない工事。

このご家族は障害者のいる家族です。
少し前に、公的機関の窓口へ障害者の住宅改造相談に
出かけ、そこで特定の業者を紹介されたそうです。
(そもそも特定の業者を紹介すること事態おかしいが・・)

結局、その業者に障害を持つ息子さん用にトイレ、手摺、
床材の変更、建具の交換という工事を依頼したとのこと。

この出来上がりがとんでもない工事でした。

写真の掲載は避けますので文章で想像してください。

まずトイレの改修。
和便を洋便にしたのですが、なんと裏口のドアを開けると
その前にオープンで設置。
便器が飛び出している。
建具は付けられない。カーテンでの間仕切りもできない。
狭いスペースですが方法論は他にもあったはず。

手摺の設置。
ブラケット(手摺棒の端部に取付壁にビス止めする金物)の
カバーがなくそのままにされている。

ブラケットのスパンが900ミリ以上に長くたわむ。
(本来一般的な木棒の場合ブラケット間は900ミリ以下に
しなければならない)

裏口のドアに出る袖壁に横のI 型手摺を付けてあるのですが
ブラケットの取付位置とドアノブが近すぎて、まともに
ドアノブが回せない。

こんなものは、後付けの補強板を使えば解決できる
初歩的なものである。

裏口ドアの外壁の手摺が居室用の木棒で取付られていて、
しかも長さが1200ミリでブラケット2個。
腐る、たわむ。もう、論外!

全ての手摺の取付位置及び高さ、長さは利用者には不向き。

羅列したらきりがないのでもうやめるが、写真も業者も
公的機関も公表したい思いだ。

とんでもない、これがプロのやる仕事か!
素人より悪い!
しかも、この工事の完成状況を公的機関の担当者が見に来て
何の提言もなく帰ったと言うからこれもまた問題である。

この仕事をした工務店さん、もうこの仕事やめたほうがいいよ。
そして公的機関の担当者さん、あんた退職しなさい。

本当に胸が詰まる悲惨な現場でした。

もし、リフォームの仕事をお請けすることになったら、
私が壊してでも直してあげます。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 21:13Comments(8)悪徳業者

2006年08月05日

電話営業

業務中会社の電話には頻繁に多種に渡る営業電話がかかってくる。

これがまた、のらりくらりと遠まわしにしつこい。
忙しい時にはかなりいらいらする。

それが、今度は携帯に始まった!

番号表示でかかってくるので、次からは着信拒否すれば
よいのですが、やはりのらりくらりと遠まわしにしつこい。
わざとどちらへおかけですかと聞くと、
はい、あなた様へ。だって。

あなた様へって、結局ランダムに電話しているのだ。

はっきり、いらないとか断りますという回答をしても
アー言えば、コー言うの繰り返し。

だんだん虫の居所が悪くなる。

営業手法はわかるけど、はっきりした断りを入れたら
諦めてほしいわ。

気分が悪くなるだけだもの。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 19:55Comments(2)悪徳業者

2006年07月20日

上場企業で初の業務停止命令

今月7日東証一部上場の白蟻防除業最大手の会社が
特別商法取引法違反行為で3ヶ月の業務停止命令を受けた。
経済産業省によると上場企業に対して業務停止命令の
行政処分を出したの初めてのようだ。

同省では年間700〜800件程度の苦情が経済産業省
消費者相談室に寄せられていたそうだ。

訪問販売の点検商法で、実際に家屋に不具合がないのに
白蟻あるいは倒壊の不安を仰ぎ契約を迫るというもの。

しかし残念なことである。
上場企業だからという問題ではない。
その行為に及ばなければならない企業体質が問題である。

年間の苦情件数をみても個人の営業マンだけの問題とは
到底思えない。

今、リフォーム業界に異業種がどんどん参入している。
専門業種から総合建築まで幅広い業界にもかかわらず
全てひとまとめでリフォームと括られる。

私に言わせれば今回業務停止命令を受けた会社の
白蟻防除や床下換気扇の取付はリフォームではないと
思っている。

要するに建築業ではなく商品販売業なのだと思う。

この会社には、再発防止に向けて社内でのコンプライアンス
体制の拡充や消費者からの相談体制を徹底してもらい、
二度と同じ過ちを犯さないでと願う。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 20:30Comments(2)悪徳業者

2005年10月30日

新手の詐欺・電話営業の罠

夜も11時をまわった頃、電話が鳴った。

有名な宅配運送会社の社員を名乗り、荷物を届けたが不在のため不在票を玄関に差し込んだと言う。

ゆえに、配達日の確認だといい、併せて住所、氏名を確認しようとする。

もうこの時点で怪しい。

不在票など見当たらないし、わざわざ夜の11時も過ぎて電話してくることもおかしい。

しかも、住所、氏名の確認などありえない。

怪しいと察しその先の会話は成立しなかったが、どうも詐欺の予感がする。

ちなみに名乗られた運送会社に問い合わせてみたが全くでたらめな話であった。

いったい目的はなんだったのだろうか?
どういう展開で詐欺行為を働くのだろうか?

今後大きな被害が出なければいいのだが・・・

電話の営業にはくれぐれもご注意あれ!
自ら気安く自分の情報を与えては、何のための個人情報保護法かわからなくなりますから。  
Posted by 有限会社 勝建ホーム at 18:28Comments(0)悪徳業者